冶部坂峠での花散策

 ベニバナイチヤクソウ (紅花一薬草)
深山から亜高山帯の腐植に富んだ樹林下に群落をつくる半寄生のイチヤクソウ科の多年草です。
草丈10~20㎝程、葉は常緑で光沢があり、花茎に総状花序をつくり、多数の桃色の花をつけます。
「紅花一薬草」と言うように、傷や虫刺されに効く薬草だそうです。
花期は6月~7月、花言葉は「恥じらい」です。
e0091347_2141454.jpg

e0091347_2142123.jpg

チゴユリとのツーショットです。
e0091347_21425924.jpg
e0091347_21431367.jpg
e0091347_21432860.jpg


 マイヅルソウ(舞鶴草)
山地帯~高山帯の林の中に生えるユリ科の多年草です。
葉脈の様子が鶴が舞っているように見えることから舞鶴草の名前が付いています。
草丈10~15cm程、秋には赤く熟した実を付けます。
花期は5月下旬~6月、花言葉は「清純な乙女のおもかげ」です
e0091347_21483585.jpg
e0091347_21485437.jpg
e0091347_21493992.jpg
e0091347_21495425.jpg
e0091347_21505175.jpg
e0091347_21511174.jpg

チゴユリとのツーショットです。
e0091347_2152268.jpg


 チゴユリ   (稚児百合)
山地のやや明るい場所に生えるユリ科の多年草です。
草丈15~20cm、花径15mm程で、小さく、わずかに緑色をしためだたない花です。
地下茎を伸ばして広がるので群生していることが多いです。
可憐な小さな花を稚児にみたてて、この名があります。
花期は4~5月、花言葉は「私のちいさな手をいつもにぎって」です。
e0091347_2155258.jpg
 

 スズラン(鈴蘭)
山地や高原の草地に生えるユリ科の多年草です。
白い可憐な花を咲かせ香りもよいですが、毒の主成分は水に溶けやすく生けた花瓶の水でも危険なそうで、家庭では十分に注意したほうがいいようです。
ヨーロッパではこの花で作った水薬を「黄金水」と呼び、片思いの相手にふりかけると気持ちが通じる媚薬として用いられたといいつたえがあるそうな・・・
別名をキミカゲソウ(君影草)といいます。
花期は5~6月、花言葉は「幸福な花」です。
e0091347_21574459.jpg
e0091347_21581482.jpg
e0091347_2158307.jpg
e0091347_21591531.jpg
e0091347_21593878.jpg
e0091347_2202961.jpg

チゴユリとのツーショットです。
e0091347_2211582.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2009-05-26 22:02 | 長野県
<< 冶部坂峠での花散策 Ⅱ 茶臼山散策 >>