冶部坂峠での花散策 Ⅱ

 レンゲツツジ (蓮華躑躅)
日当たりのよい草原に多く自生する高さ1~2mのツツジ科の落葉低木です。
全木にグラヤノトキシンなどの痙攣毒があり、花には蜜があるので気をつけなければいけない。
名はつぼみの様子が蓮華に見えることから名付けられたといいます。
花期は4~5月、花言葉は「堅実」です。
e0091347_185151100.jpg


 ニガイチゴ (苦苺)
落葉低木、樹高1~2m程でバラ科のキイチゴの仲間です。
よく枝分かれして棘が多いです。
果実は赤くおいしそうに見えますが、種子を噛むと苦いためこの名がついています。
花期は4~5月ですが、ここは冬は雪が降るので、やはり遅いようです。
別荘地のいたるところで、小さな木に花を咲かせていました。
e0091347_1858021.jpg


 クルマバソウ (車葉草)
山地や平地の明るい林の中に咲くアカネ科の多年草です。
草丈20~30cm、花径5㎜の小さな花で、乾燥した葉は香りがよいそうです。
葉のつき方が車の様子を思わせることから車葉草の名がついています。
花期は4~7月です。
e0091347_1951698.jpg
e0091347_1953079.jpg


 ヤブウツギ (藪空木)
関東以西の日当たりのよいところに生える、スイカズラ科の落葉低木です。
暗紅紫色で3~4㎝の長さの漏斗状鐘形の花が咲きます。
山地の道端で潅木などに混じって林のふちなどで見られます。
茎の中が空洞になっている種を「ウツギ」と呼び、密生して藪を形成するところから「ヤブ」と付きました。
花期は5~6月です。
e0091347_1983116.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2009-05-27 19:09 | 長野県
<< 冶部坂峠の帰路にて 冶部坂峠での花散策 >>