設楽山中の花

ここは大変面白いところで、いろんな小さな蘭が咲いてくれます。
コアツモリソウ、ユウシュウラン、アオフタバラン、ヒトツボクロ、キンセイラン、キンラン、ジカバチソウ等々
すごいですよね~でもなかなか咲いているときに遭遇するのは難しいです。
この日はここから、県民の森に、途中コースを変えてみると、又違った花を見る事ができました。

 コアツモリソウ (小敦盛草)
山地の樹林下に生えるラン科の多年草です。 
草丈10~20㎝、細い茎の先端に広卵形の葉が2枚対生しています。 
花はその葉の間より0.5~1㎜くらいの花茎を出し、三枚の淡紫色のぼかしがある淡黄緑色の花を下向きにつけます。 
名はアツモリソウに似て小型なのでついたのですが、
アツモリソウとはその昔、源平の戦いで、命を落とした平敦盛が背負っていた母衣(ほろ)にアツモリソウの唇弁が似ていることからついた名前だそうです。
花期は5~6月です。
e0091347_1947113.jpg
e0091347_19471741.jpg


 キンラン (金蘭)
里山のマツ林や雑木林、あるいはそのふちに散生するラン科の多年草です。
ランには木や石の上に生える着生ランと、地上に生える地生ランがあるそうでキンランは地生ランです。
花は黄金色、晴れた日に半開きに咲き、唇弁は3つに裂け、その中央内側に5~7本の黄褐色のひだがあります。
何といっても黄金色の花が特徴なので、金蘭という名がついています。
花言葉は「華やかな美人」、花期は4~6月です。
e0091347_19485974.jpg
e0091347_19491860.jpg


 ミヤマナルコユリ (深山鳴子百合)
各地の山野の林内に普通に生えるユリ科の多年草です。
ナルコユリ、アマドコロに似ていますが、本種の花柄は下垂せず斜上するので2種と区別できます。
名はナルコユリに似て深山に生えるという意味なのですが、実際には低山帯にもよく見られるそうです。
花期5~6月です。
e0091347_20313177.jpg

e0091347_2028165.jpg


 テイカカズラ  (定家葛)
大きな樹木等にからまるキョウチクトウ科の常緑のつる植物。
花は白黄色、花径3cmほどでスクリューのようにねじれて咲き、芳香があります。
最初は純白で終わりに近づくと黄色くなります。
名前は歌人の藤原定家に由来し、このカズラは髪飾りを意味するそうです。
花期は5~6月、花言葉は「優雅 」です。
e0091347_1958161.jpg
e0091347_1958178.jpg


 ヤマイバラ (山薔薇)  
山地にまれに生えるバラ科の落葉半蔓性植物です。
扁平な三角形の刺があり、葉は小葉2対の奇数羽状複葉で、無毛で托葉の部分が細くなっています。
枝先に多数の花をつけ花径4~5cmで、ガクがそりかえっています。
秋には赤い実をつけるそうです。
ほかの木に寄りかかって伸び、大きいものでは長さ5~10メートルにもなり、大木を覆っています。
花期は5~6月です。
e0091347_2052511.jpg
e0091347_2054894.jpg
e0091347_2061798.jpg


 ツルアリドオシ (蔓蟻通)
やや湿り気のある木陰に生えるアカネ科のつる性植物です。
茎は地面をはって節から根を伸ばし、茎の先に小さな2つの白い花をつけます。
花後の果実は熟すと赤色になります。
花期は6~7月、県民の森では咲き始めていました。
e0091347_208327.jpg
e0091347_2085379.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2009-05-29 20:31 | 奥三河
<< 稲武周辺散策 5月30日 冶部坂峠の帰路にて >>