上高地花散策 Ⅲ (6月3日)

 ミヤマキンバイ (深山金梅)
高山帯の砂礫地、草原、低木林の縁などに生育するバラ科の多年草です。
高山や上高地ではポピュラーな花だそうですが、初めて出会えました。
葉は3小葉、小葉は艶があり、縁にはあらく鋭い鋸歯があります。
茎は上部で枝分かれして、それぞれの先端に2cmほどの5弁の花がついています。
花期は6~7月、花言葉は「幸せ」です。
e0091347_8262860.jpg
e0091347_8264389.jpg


ズタヤクシュ(喘息薬種)
山地の林内に生えるユキノシタ科の多年草です。
名前の由来は、スダとは喘息の方言で、喘息に効く薬草と言う事だそうです。
花期は6〜8月、咲き始めたばかりでした。
e0091347_8375574.jpg
e0091347_838867.jpg


 フウロケマン (風露華鬘)
日当たりの良い山地の崩壊地、林の縁などに生えるケシ科の多年草です。
葉は厚さが薄く、1~2回羽状複葉。小葉は広卵形で、深裂し、さらに切れ込みます.
ミヤマキケマンによく似ていますが、葉の切れ込みがキケマン程細かく切れ込みません。
花期は4~7月です。
e0091347_841297.jpg


 コナスビ (小茄子)
山野の草地や道端など日当たりのよいところに生えるサクラソウ科の多年草です。
茎の高さは10~30cm、花径5~7mm程で、軟毛があり、地を這い四方に広がります。
名前の由来は、ナスの形に似た小さな実をつけることによります。
花期は5~8月です。
e0091347_8451250.jpg


 ムカゴトラノオ(珠芽虎ノ尾)
高山の草地や礫地に生えるタデ科の多年草です。
草丈は10~30cm、花被片はがくのみで、5つに裂け、ふつう白色です。
葉の多くは根際につき、厚味と光沢があります。
花穂の下の部分にむかごができるのが特徴です。
名はこのことから、むかご(珠芽)をもったトラノオという事です。
花期は7~9月、早すぎるのでご覧のようにまだ蕾です。
e0091347_8533859.jpg


 ツマトリソウ (端取草)
山地の林内に生えるサクラソウ科の多年草です。
細い地下茎を伸ばして繁殖し、多くは群生するようです。
草丈5〜20 cm程、葉は細長く、花径1.5 cm程の花を、通常1個つけ、花冠は7つに裂けています。
花の縁が薄い紅色に縁取られることからこの名が付けられました。
花期は 6~7月、花言葉は「安楽」です。
e0091347_964996.jpg
e0091347_971577.jpg


???
残念ながら、調べてみてはいるのですが名前がわかりません。
ご存知の方、お教えいただけると助かります。

早速、お二人の方が教えていただけました。
お一人はヤマガラシと、もうお一人はミヤマガラシではないかと、
調べてみましたら、ヤマガラシの別名をミヤマガラシというそうです。
お二人とも有難うございました。

 ヤマガラシ (山芥子)
山地帯~高山帯の湿った礫地に生えるアブラナ科の多年草です。
草丈15~50cmと幅広く、茎の先に総状花序に黄色の花を10~20個集まってつけます。
別名をミヤマガラシと言い、名のカラシは「芥子」で、この植物には辛みがあります。
花期は6月です。
e0091347_8551562.jpg
e0091347_8553514.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2009-06-06 09:08 | 長野県
<< 里山の花 (6月5日) 上高地花散策 Ⅱ (6月3日) >>