ホソバノツルリンドウ

 ホソバノツルリンドウ (細葉の蔓竜胆)
山地のやや湿り気の多いところに見られるつる性のリンドウ科の多年草です。
ツルリンドウの仲間で、茎は細く緑色、葉は披針形で先が長く尖っています。
花は淡紫色を帯びる白色で、花冠は4裂し、葉脈に一個つき、ツルリンドウに比べ花付きはいいのですが、
全体に弱々しく見えます。ツルリンドウの果実は赤くなりますがこちらは赤くなりません。
花期は9~10月、絶滅危惧種に指定されています。
e0091347_2212897.jpg
e0091347_2214074.jpg
e0091347_2215375.jpg

e0091347_2223492.jpg
e0091347_2225273.jpg
e0091347_2231738.jpg

e0091347_2242056.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2009-10-18 22:04 | 長野県
<< 秋色 Ⅰ 秋の野草 >>