蓼科高原に咲く花

   ハクサンフウロ (白山風露)
高山の湿った草地に生育する草丈30~80cmのフウロソウ科の多年草。
花径は2cm程あり、同じ科のゲンノショウコよりかなり大きいです。
和名は石川県の白山にあったことからこの名がついたということです。
花期は7~8月です。
可愛い花なのですが、咲いているところが、草むらの中なので、撮りにくい花の一つです。
e0091347_15203569.jpg
e0091347_15204681.jpg
e0091347_15205858.jpg


   イブキジャコウソウ (伊吹麝香草)
日当りのよい山の岩場や草地に生えるシソ科の草状小低木です。
葉を一枚ちぎってみると、シソ科の香り、日本産のタイムといえます。
伊吹山に多く、全体によい香りがあることから名付けられています。
花期は6~8月、花言葉は「神聖 潔癖症」です。
何故かイブキと名がついているのに、伊吹では出会った事がなく、他での対面です。
e0091347_15225380.jpg
e0091347_1523860.jpg
e0091347_15232074.jpg


   ネバリノギラン(粘り芒蘭
山地帯~高山帯の草地に生えるユリ科の多年草です。
草丈は15~40cm程、花茎の先に黄緑色の小さな壺型の花をつけます。
花茎の上部や花序に腺があって、花の外側が多少粘るので、この名がついています。
花期は 6〜7月、花言葉は「純情 」です。
e0091347_15323671.jpg
e0091347_15324810.jpg
e0091347_1533233.jpg


   ウスユキソウ (薄雪草)
北海道から九州にかけての低山帯から亜高山帯にかけて分布しているキク科の多年草です。
草丈25~55cm、葉は長さ4~6cm、裏面には灰白色の綿毛があります。
先端の葉や花が白い毛に覆われているので、この名前がついています。
花期は7月中旬〜8月中旬、高山型の近似種をミネウスユキソウといいます。
花言葉は「忍耐」です。
e0091347_15462850.jpg
e0091347_1546484.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2010-07-24 15:51 | 長野県
<< 蓼科高原に咲く花 Ⅱ 栂池自然園から Ⅷ >>