霧ヶ高原に咲く花 Ⅵ

霧ヶ峰高原と八島ヶ原湿原に咲いていた花です。
どちらも植生は全く同じようです。

   アヤメ (文目)
高原の草原などに生えるアヤメ科の多年草。
湿ったところに生えるという印象があるようですが、湿地に生えるのはカキツバタです。
アヤメのほうはどちらかいえば乾燥した草原がいいようで、優劣つけがたい美しい女性を形容して「いずれがアヤメかカキツバタ」というように、迷うほど、どちらもよく似ています。
アヤメの名前は、花の付け根部分に黄色と紫の文目模様があることから付けられたということです。
花言葉 は「よき便り、神秘な人」、花期は5~7月です。
e0091347_18341179.jpg
e0091347_18342211.jpg
e0091347_18343386.jpg


   グンナイフウロ(郡内風露)
山地~亜高山の草地に生育するフウロソウ科の多年草です。
草丈30~50cm程、茎や葉柄、花柄に開出毛と腺毛があります。
根出葉は多数つき、茎葉は1~2個が互生し、最上部は対生しています。
花は直径2.5~3cm、茎頂に集散状に十数個つき、紅紫色ですが濃淡があり、透けるような花弁です。
和名の郡内は山梨県南東部の地名に由来しているということです。
花期は6~8月、花言葉は「可憐」です。
e0091347_18373990.jpg
e0091347_18375087.jpg
e0091347_1838154.jpg
e0091347_183814100.jpg


   コバイケイソウ(小梅蕙草)
本州中部以北の亜高山帯から高山帯の湿地に生えるユリ科の多年草です。
草丈は50~100cm、葉は広楕円形で互生し、花は上部にまとまって花穂を作りほとんど白に近い7mm程の花を多数つけます。
なおバイケイソウの花は緑白色で花の形はバイケイソウよりもミカワバイケイソウによく似ています。
食べると嘔吐、血圧低下、手足のしびれが起きてくる毒草です。
名前の由来はバイケイソウより小さいということ、梅とは花が梅の花に似ていて、惠はシランの葉に似ているからです。
花期は6月後半~8月です。
e0091347_18405330.jpg
e0091347_1841754.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2010-07-28 18:42 | 長野県
<< 霧ヶ高原に咲く花 Ⅵ 蓼科高原に咲く花 Ⅴ >>