萩の仲間達

   キハギ (木萩)
山野に生えるマメ科の落葉低木です。
高さは2~3mになり枝には細かい毛が密生しています。
葉は3出複葉で互生し、長楕円形です。
花は白色で淡紫色の筋がはいる長さ1cmの蝶形花。
和名は萩の仲間で茎が最も太くなることから、木らしいハギという意味のようです。
花期は7月~9月です。
e0091347_18174946.jpg
e0091347_18175999.jpg
e0091347_1818983.jpg


   ネコハギ (猫萩)
日当たりのよい草地や道ばたなど、やや乾いたところに生えるマメ科のつる性の多年草です。
茎は根元近くで枝分かれし、地面をはって伸びます。花は白色ですが、旗弁に紅紫色の斑点があります。
名前は同じハギ属のイヌハギに対して全体的に毛が多いことでこの名が付いています。
花期は7月~9月です。

通常紫色の斑点はこのようについています。
e0091347_1820331.jpg

こちらのは広範囲が紫色になっています。
e0091347_18214361.jpg
e0091347_1822367.jpg
e0091347_18221621.jpg


   マルバハギ(丸葉萩)
山地の日当りのよいところに生育するマメ科の落葉低木です。
マルバハギは葉のわきに葉より短い紅紫色の総状花序を出し、かたまってつきます。
また、名前のように小葉が楕円形かまたは倒卵形であることも特徴で、よく似ている↓のニシキハギと比べると、葉の先端が丸くなっています。
花期は8月~10月です。
e0091347_18263252.jpg
e0091347_182644100.jpg


   ニシキハギ(錦萩)
中部地方以西の山地では,最も普通に見られるマメ科のハギです。
樹高2〜3mになる落葉広葉低木で、1度刈り取られて再生したものでは、茎は直立しますが、その他は垂れ下がるように花を咲かせます
葉は3小葉からなり、小葉は長さ2~6cmで、楕円形から長楕円形、中部から根元側で最も幅広く、先端は鈍頭。
ビッチュウヤマハギの別名があるように、葉の形はヤマハギに似ていますが、両面に毛があるので、表面は柔らかい感じがします。
e0091347_18322076.jpg
e0091347_1832343.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2010-10-06 19:58 | 奥三河
<< フユノハナワラビ シモバシラ >>