サイゴクサバノオとトオゴクサバノオ

    サイゴクサバノオ (西国鯖の尾)
近畿地方の林下の日陰に生育するキンポゲ科の多年草です。
草丈はトウゴクサバノオよりは大きく、10~15㎝程、枝分かれし、
花茎は1cm程、 花びらに紫色の筋がある 左右に張り出した実の形が鯖の尾に似ている のでこの名がついています。
花期は3~4月ですが、今年は例年より2週間は遅いようです。

険しい崖?を登り、やっと出会えた花です。
e0091347_20481736.jpg
e0091347_20451612.jpg
e0091347_20453162.jpg
e0091347_20454570.jpg
e0091347_2046323.jpg
e0091347_2046294.jpg


    トウゴクサバノオ (東国鯖の尾)
山地のやや湿ったところに生えるキンポウゲ科の多年草です。
草丈8~10cm花径1 cm弱で、花弁のように見えるのは萼で、花弁はオレンジ色の部分で蜜線化しています。
名前どおり、関東地方に多く、果実の形をサバの尾にたとえた名です。
花期は4~5月です。

ここではサイゴクサバノオ、トウゴクサバノオ共に近くに咲いていました。
e0091347_20561661.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2011-05-08 20:49 | その他の場所に咲く野草
<< 花の山での花散策 津具に咲く花達 >>