センブリ

    センブリ  (千振)
山地の日当たりのよい草原に生えるリンドウ科の2年草です。
健胃薬として知られ、 草丈15~20cm、花径約15~20㎜程。
合弁花は通常は5深裂するが、4深裂も多く、 紫色の筋が入り、 花の中央に白い毛が生えています。
花名は千回振り出しても(煎じても)まだ苦いことによります。
花期は9月~11月、花言葉は「義侠の愛」です。

今年のセンブリは葉が紫色になっているものが多いような・・・
花も少々紫がかっています。
これは間違いなくセンブリと思うのですが、
大きさ(草丈10㎝弱)、咲いている場所(南信州)からしてムラサキセンブリとは違うように思うのですが・・・
如何でしょう
e0091347_17514392.jpg
e0091347_17520100.jpg
e0091347_17521365.jpg
e0091347_17522496.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2011-10-19 17:59 | 長野県
<< 終盤のノコンギク 終盤のマツムシソウ >>