ママコナ & ナギナタコウジュ

    ママコナ (飯子菜)
山地のやや乾いた林下に生え、半寄生するゴマノハグサ科の一年草です。
名前の由来は花の内側に米粒のような隆起があるので、又種子を米粒に見立てて飯子菜という説もあります。
花期は7月~9月、花言葉は「かいかぶり」です。
e0091347_18272365.jpg
e0091347_18273330.jpg


    ナギナタコウジュ (薙刀香需)
山地の道端に生えるシソ科の一年草。
全体に強い香りがする。
花が片側につくさまを薙刀に見立ててこの名がついています。
花期は9月~10月、花言葉は「にぎやかな人」です。
e0091347_18294515.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2011-10-20 18:32 | 長野県
<< オオルリソウ 終盤のノコンギク >>