アズマイチゲ と キクザキイチゲ

    アズマイチゲ (東一華)
低地~山地の明るい林内に生えるキンポウゲ科の多年草です。
和名の由来は ”東”は関東を意味し、”一華”はイチリンソウ属の花の名、花が茎の先に1個だけつくので、一輪草。関東産のイチリンソウという意味なのですが、北海道にも広く分布するそうです。
キクザキイチゲとよく似ているのですが、アズマイチゲの葉は3小葉に分かれ、先は丸みがあって少し垂れ下がっているように見えます。
花期は3月~5月、花言葉は「耐え忍ぶ恋」です。
e0091347_17344586.jpg
e0091347_17345389.jpg


   キクザキイチゲ  (菊咲一華)
低地~山地の明るい林内に生えるキンポウゲ科の多年草。
アズマイチゲとよく似ていますが、こちらは菊のような花を咲かせる一輪草と言う意味です。
花弁に見えるのはすべてがく片で、10枚前後あります。
色は白花が圧倒的に多いようですが、薄い青や紫色の花もあります。
葉はシュンギクに似て、長い柄と深い切れ込みがあります。
花期は3~5月、花言葉は「静かな瞳」です。
e0091347_17364278.jpg
e0091347_17365430.jpg
e0091347_1737453.jpg
e0091347_17371775.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2012-03-21 17:37 | 静岡県
<< 咲き始めた身近な野草達 ミノコバイモ 再び >>