ヒメトラノオ

    ヒメトラノオ (姫虎の尾)
中部・関東地方の高原に多いゴマノハグサ科の多年草です。
日本固有種で、茎の上部に穂状 花序を出し、青紫色の小さな花をたくさんつけます。
花は 合弁花で、先が4つに裂ける。 花穂は10~20cm程です。
葉が狭披針形で細く基部 が短い葉柄状となっています。
長い花穂を虎の尾に見立てたのが名の由来で、「姫」とつくのですが、全体は大きく、
小さいのは1つ1つの花です。
花期は8~10月、花言葉は「利発さ」です。
e0091347_14293028.jpg
e0091347_14293637.jpg
e0091347_14301044.jpg
e0091347_1430139.jpg
e0091347_14312065.jpg
 
[PR]
by fairysilva2 | 2012-09-10 08:19 | 長野県
<< ヤマハハコ & マツムシソウ ツリガネニンジン >>