渓谷に咲くサンインシロカネソウ

サンインシロカネソウ(山陰白金草)

本州福井県以西からの日本海側に分布するキンポウゲ科の多年草です。
山奥の水がしみ出したような谷間、温帯域の渓谷 などに生育し、草丈は8~15cm弱、花径は1㎝弱です。
4月から6月にかけて花を咲かせ、特徴のある 果実を付けます。
萼片の暗紫色の紋が 基部に集まるのが特徴だそうです。

今年はこの花を撮るに現地で開花まで時間を待たなくてはいけないようで、
完全には開花してはくれませんでしたが、素晴らしい景観の中に咲くサンインシロカネソウでした。

e0091347_7524334.jpg
e0091347_753345.jpg
e0091347_7531746.jpg
e0091347_7533287.jpg
e0091347_754377.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2013-04-23 07:59 | 滋賀県
<< ユリワサビ 「この花は?」のその後 >>