ミヤマカタバミ & ミヤマスミレ

ミヤマカタバミ  (深山傍食)
山林の木陰に生えるカタバミ科の多年草です。
草丈10~15cm程、葉は根生して長い葉柄があり、3枚の小葉からなっています。
花径は3~4cm程、白色~淡桃色で花弁は5枚で、うす紫色の筋が入っています。
陽が当たらないと花は開きません。
花期は3~4月、花言葉は「喜び」です。

この場所への到着時間はいつも8時40分頃、従って余程天気のいい時でないと花は開いていません。
今回も・・・何とかやっと開いているのを見つけて撮影。
次回に期待できるのか???
e0091347_9352068.jpg
e0091347_9352356.jpg


ミヤマスミレ   (深山菫)
標高1000mほどの林下などに生えるスミレ科の多年草です。
地上茎はなく、草丈は5~10cm。、葉は卵心型で、波状の鈍鋸歯があります。
花径1.5~2cm程、花弁は紫紅色、側花弁は無毛です。
花期は5~6月、もちろん和名は「深山スミレ」の意味です。

こちらは苔に埋もれるようにして咲いていました。

e0091347_9375133.jpg
e0091347_9381861.jpg
e0091347_9381194.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2013-05-31 09:40 | 長野県
<< ヒメシャガからの帰路にて ヒメシャガ >>