レンゲツツジ

レンゲツツジ (蓮華躑躅)

日当たりのよい草原に多く自生する高さ1~2mのツツジ科の落葉低木です。
全木にグラヤノトキシンなどの痙攣毒があり、花には蜜があるので気をつけなければいけません。
名はつぼみの様子が蓮華に見えることから名付けられたといいます。
花期は4~5月、花言葉は「堅実」です。

一枚目のバックの白い花はズミです。

e0091347_512387.jpg
e0091347_51582.jpg
e0091347_523494.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2013-06-11 05:04 | 長野県
<< 人知れず咲く小さな花達 イナモリソウ >>