人知れず咲く小さな花達

コキンバイ(小金梅)
山地の林内に生える、高さ約10㎝のバラ科の多年草です。
地中 から3小葉よりなる根生葉と花茎を出し、
花茎の先に直径約2㎝弱の黄色の花をつけます。
花期は5~6月です。
e0091347_13462948.jpg
e0091347_13463749.jpg


コミヤマカタバミ (小深山傍食)
亜高山帯の針葉樹林下などに生えるカタバミ科の多年草です。
花径2~3cmの白色で、ときに花びらのすじが淡紅紫色を帯びて全体がピンクに見えるものもあります。
花期は6~7月、花言葉は「喜び・歓喜」です。
この花はここではいたるところに群生しているのですが、
日が当らないと咲かない為に、なかなかいい状態の花に出会えません。
e0091347_13584962.jpg


タチツボスミレ (立坪菫)?
標高の高いところですが、やはりタチツボスミレ?
土手の苔の上に一輪、凛として咲いていました。

e0091347_13563818.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2013-06-12 13:59 | 長野県
<< イワガラミ レンゲツツジ >>