イチヨウラン

イチヨウラン (一葉蘭)

深山の針葉樹林内に生えるラン科の多年草です。
1属1種の日本特産種で、葉は長さ3-5㎝でやや多肉の葉を1個付け、
株元から長さ10-20㎝の1本の細い花茎を出し、花を横向きに1個だけつけます。
花被片は淡緑色で、唇弁の白に紅紫の斑点があり、地味で目立たない花です。
名は葉が1枚なのでこの名があります。
花期は5~7月、花言葉は「恋」です。

今年も一輪だけ咲いていてくれました。
葉は何枚かあるのですが、なかなか咲いてはもらえないようです。
e0091347_258848.jpg


ズミ (酢実)

バラ科の落葉高木です。
樹高5~8m、まれに10mに達するものもあるそうです。
小枝は刺(とげ)状になることもあり、短枝の先に白色で径約2.5㎝の5弁花を数個つけます。
名は、樹皮を染料に用いるので染(す)みがずみになったとする説と、
果実が酸っぱいので酸実(すみ)がずみになったとする説があります。
花期は5~6月です。

e0091347_32659.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2013-06-15 03:04 | 長野県
<< キバナノヤマオダマキ ホテイラン >>