八千穂高原から Ⅳ

ハルナユキザサ (榛名雪笹)

ユキザサの変種で、草丈1~1.5mにもなるユリ科の多年草です。
分類体系によっては スズラン科とされ、 日本固有種でもあります。
ユキザサと比べ草丈も花も大きく、葉の数も11~13枚と多く 、ときに株立ちとなって見事になります。
和名は、本種が 群馬県榛名山の特産とされたためです。
しかし、現実には、日光の男体山や中部地方にも 広く分布していることが判明しているしているそうです。
e0091347_16113257.jpg


ヤグルマソウ  (矢車草)

湿った林床に自生する大形のユキノシタ科の多年草です。
掌状または羽状の複葉で大型の根出葉を もち、小さい白い花が密集して咲かせ、大型の円錐花序になります。
根出葉は5枚の小葉からなる掌状複葉で、 葉柄は50cmにも達っします。
花期は6~7月です。

e0091347_16135024.jpg
e0091347_1614939.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2013-06-22 16:15 | 長野県
<< 八千穂高原から Ⅴ 八千穂高原から Ⅲ >>