白馬尻から 完

シラネアオイ (白根葵)

この花は1属1種の日本特産種(シラネアオイ科)です。
和名は日光の白根山に多く、花がタチアオイ(立葵)に似ているのでこのような名前が付けられています。
花期は5~7月、花言葉は「優美 、完全な美」です。

この花を雪渓をバックに撮りたくて出かけてきました。
e0091347_21184651.jpg

e0091347_21191495.jpg


サンカヨウ   (山荷葉)

深山の林の中に生えるメギ科の多年草です。
草丈は30~60cm、フキの葉のように大きい葉が2枚つき、葉の中央部は深く切れ込み、不ぞろいの鋸歯があります。
茎頂に花径2cmの白色の花を数個つき、花後には濃い青紫の液果をつけます。
花期は5~7月、花言葉は「幸せ」です。

白馬尻らしい写真になりました。
撮る場所でこんなにも雰囲気が変るのですね~
e0091347_21124767.jpg
e0091347_2113152.jpg


オオサクラソウ  (大桜草)

本州の亜高山や北海道の山地に生えるサクラソウ科の多年草です。
草丈は20cm程、短い根茎があり、長い柄のある葉が数枚根際につきます。
花期は5~6月、花言葉は「青春の望み 」です。

e0091347_2121466.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2013-07-12 07:09 | 長野県
<< 栂池自然園にて 1 白馬尻から Ⅰ >>