栂池自然園にて その3

リュウキンカ  (立金花)

湿地に生育しているキンポウゲ科の多年草です。
花期は通常4~5月ですが、高地ではこのように7月まで咲きます。
リュウキンカ(立金花)とは、花茎が立っていて、金色(黄色)の花をつけるからです。
花期は4月~5月、花言葉は「必ず来る幸福、富、贅沢」です。

同じ場所↓でリュウキンカを主体に撮ってみました。

e0091347_6104948.jpg
e0091347_611849.jpg
e0091347_6113340.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2013-07-15 06:12 | 長野県
<< バイケイソウ & ノハナショウブ? 栂池自然園にて その2 >>