入笠山の初秋 Ⅰ

サワギキョウ    (沢桔梗)

山野の湿地に生えるキキョウ科のキキョウ科の多年草です。
花はシソ科やゴマノハグサ科に見られるような唇形で長さは3cmぐらいと大きく、草丈も1m以上はあります。
花期は8~9月、花言葉は「高貴」です。

霧のよく出る入笠山なので、それを期待して、朝5時半より撮影開始
残念ながら霧は、呼べど探せど???
それでも、初秋の入笠山の雰囲気を満喫する事が出来、満足のいく撮影でした。
e0091347_61776.jpg
e0091347_6172696.jpg
e0091347_6175356.jpg
e0091347_618212.jpg


ヤナギラン (柳蘭)
高原の日当たりのいい草地に生えるのアカバナ科の多年草です。
ランという名がついていますが、アカバナ科の植物です。
花がラン(蘭)の花を思わせ、細長い葉がヤナギ(柳)に似ているところからヤナギランの名がついています。
花期は6~8月、花言葉は「二人三脚」です。

今年はこの花の群生を見逃していたのですが、入笠山でちょっと遅めのこの花にご挨拶です(笑)

e0091347_6241452.jpg
e0091347_6242868.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2013-08-27 06:05 | 長野県
<< 入笠山の初秋 Ⅱ 秋の気配 >>