入笠山の初秋 Ⅲ

イヌゴマ    (犬胡麻)

湿地に生えるシソ科の多年草です。
名は果実がゴマに似ているが食べられず、役にたたないので犬と付いています。
花言葉は「善良」です。
e0091347_443513.jpg
e0091347_4432080.jpg


クサレダマ (草連玉)

野や山の湿地に生育しているサクラソウ科の多年草です。
別名をイオウソウ(硫黄草)といい、これは花の色が硫黄に似ているからということのようです。
クサレダマの名前は「腐れ玉」ではなく、マメ科のレダマに似ているからこのように名づけられたということです。

もう花はかなり終わっていました。
咲き始めの花、終わりかけの花と入り混じっている時期のようです。
e0091347_4461036.jpg
e0091347_4463499.jpg


コオニユリ  (小鬼百合)

日当たりの良い適湿の山地・草原ときには断崖にも自生していているユリ科の多年草です。
花言葉は花色にふさわしく「情熱」です。

大分傷ついた花でしたが、花が「私を撮って!」と言っていたので・・・

e0091347_4524360.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2013-08-29 04:57 | 長野県
<< レンゲショウマの咲く山で 入笠山の初秋 Ⅱ >>