レンゲショウマの咲く山で

レンゲショウマ (蓮華升麻)

太平洋側の山地の落葉林内に生えるキンポウゲ科の多年草で日本固有種です。
細長い花茎を伸ばし、約3~4cmの下向きの花を付けます。
花が蓮の花に、葉がサラシナショウマ(晒菜升麻)に似ているのでこの名前がついたということです。
花言葉は「伝統美」です。

野に咲く花を撮る仲間のなかで、最も人気のある花と言っても過言ではないこの神秘的な花
自然の中で咲く場所でここが最もいいと思われ、山中を登ってみたのですが
なんと今年の花の少ない事、花も元気がありません。
まるで暑さで夏バテをしてしまったレンゲショウマのよう・・・
それでもなんとか元気な花を探して・・・
e0091347_972683.jpg
e0091347_975825.jpg


ミヤマシャジン (深山沙参)

亜高山帯~高山帯の岩礫地に生えるキキョウ科の多年草です。
基本種はヒメシャジンですが、この仲間は形態的な変化が大きく、同定しがたく、
この場所に咲き、特徴である花柱がかなり花冠からつきでているので、ミヤマシャジンではないかと思われます。
こちらの方は綺麗な花が結構ありました。

e0091347_91929100.jpg
e0091347_9194548.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2013-08-30 09:21 | その他の場所に咲く野草
<< ふらりと寄った高原で 入笠山の初秋 Ⅲ >>