ふらりと寄った高原で

ミヤマモジズリ  ( 深山捩摺)
ブナ帯からシラビソ帯の林内や林縁に生えるラン科の多年草です。
モジズリはネジバナの別称で、何処でも見られるネジバナとは違い、
ミヤマモジズリにはなかなか出会えず、私にとっては初見の花です。

花茎の高さは10~20cm程、基部に長ダ円形の大きな葉が2枚接してつき、
茎には線形の小さな葉が密についています。
花は淡紅紫色で、唇弁は3裂、紫色の唇点があって先は尖っています。
おもに北海道、本州(中部以北)に分布しているという事です。

ネジバナでもねじれていないのですね~
e0091347_745566.jpg


ヤマアジサイ (山紫陽花)

渓谷沿いに咲いていたヤマアジサイ、時期が終わりなのか少し淋しげですが
初秋を感じさせます。
e0091347_654173.jpg


フシグロセンノウ(節黒仙翁)

今の時期、車で走っているとこの花を多く見かけます。
被写体として撮るとなるとなかなかいい構図になるものはないようです。
花数は少ないですが・・・

e0091347_20181864.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2013-08-31 07:14 | 長野県
<< レンゲショウマの忘れもの レンゲショウマの咲く山で >>