オオシラヒゲソウ

オオシラヒゲソウ  (大白髭草)

シラヒゲソウの変種で、秋田県から兵庫 県の日本海側に分布するユキノシタ科の多年草です。
山地の日の当たらない湿った場所を好みます。
当然、絶滅危惧II類に選定されています。
シラヒゲソウの花の直径が2cm程に対してオオシラヒゲソウの花の直径は3~3.5cmもあるので、
一目見てその違いは分かります。
開花時期は8〜9月頃です。

思っていた以上にすぐに見付ける事ができ、一同、歓声をあげていました。
しかも小川沿いにかなりの数の花、こんなにも簡単に出会えてよかったのかとさえ思いました。

e0091347_1758266.jpg
e0091347_17583670.jpg
e0091347_17584498.jpg
e0091347_17591595.jpg
e0091347_17592325.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2013-09-09 18:05 | 長野県
<< ツリフネソウ2種 秋の野草 Ⅳ >>