雨の中での撮影 Ⅲ

ウメバチソウ (梅鉢草)

高原や日当たりのよい場所に生えるユキノシタ科の多年草です。
花径2cmほどの可愛らしい花ですが、アップにしてよくみると繊細な模様がついています。
この柄が梅鉢の紋に似ていることから、この名がついています。
花言葉は「いじらしい」です。

エゾリンドウと同じ場所に咲いていたウメバチソウ
今年はウメバチソウの当たり年のようで群生していました。
誰が言ったのか「シラヒゲソウ↓、髭をとったらウメバチソウ」とは
本当に感じがよく似ています。

草丈が低く小さな花なので、雨の中にもかかわらず、座り込んでの撮影です。
この花はお天気がよく似合うのですが・・・

e0091347_050882.jpg

e0091347_0483050.jpg
e0091347_0484489.jpg
e0091347_049144.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2013-09-13 01:01 | 長野県
<< 雨の中での撮影 Ⅳ 雨の中での撮影 Ⅱ >>