雨の中での撮影 Ⅳ

ゴマナ  (胡麻菜)

山地のやや湿った、日当たりのよいところに生えているキク科の多年草です。
草丈は 1 ~ 1.5 mと高く、茎の先が多数の枝に分岐して、白いキクに似た花をたくさんつけます。
「ゴマ」は、葉の形がゴマの葉に似ているから付いたそうです。
花言葉は「実り」です。
e0091347_8115397.jpg
e0091347_8121466.jpg


カリガネソウ   (雁草、雁金草)

山の谷沿いの草地にはえるクマツヅラ科の多年草です。
草丈は0.8~1.2mと高くなり、全草に強い香りがあります。
花は雁が飛ぶ姿から家紋の”結び雁金”紋に似ているのでカリガネソウという名が付いています。
花言葉は「実質」です。

花は完全に終わりかけと言う感じでここに掲載する花のみが残っていた程度、
やはり高所の方が花は早いようで、平地ではまだ咲いていませんでした。
来年はいい時期に来れたらと思っています。

e0091347_8175392.jpg
e0091347_818860.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2013-09-14 08:20 | 長野県
<< 雨の中での撮影  完 雨の中での撮影 Ⅲ >>