サンインシロカネソウ

サンインシロカネソウ (山陰白金草)
本州福井県以西からの日本海側に分布するキンポウゲ科の多年草です。
山奥の水がしみ出したような谷間、温帯域の渓谷 などに生育し、草丈は8~15cm弱、花径1㎝弱の小さな小さな花です。
4月から6月にかけて花を咲かせ、特徴のある 果実を付けます。

今年も会いに出かけてきました。
渓流というのは大雨が降ると様子が変るので、去年とはまた違っていました。
長靴をはき、渓流をややさかのぼり、この場所での撮影は大変です(苦笑)

e0091347_8261430.jpg
e0091347_8262314.jpg
e0091347_8263147.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2014-04-14 08:27 | 滋賀県
<< 渓谷に咲く野草達 バイカオウレン >>