信州の花旅 Ⅰ

クリンソウ (九輪草)
山間部のやや湿ったところに生えているサクラソウ科の多年草です。
大きな根性葉から 20~30 センチくらいの花茎を出し、赤紫の花を車輪状につけます。
それが数段になるので、その様を五重塔などの先端部分(九輪)にたとえて名付けられました。
花言葉は「少年時代の思い出」です。

クリンソウ、レンゲツツジを求めて出かけてきました。
こちらは入笠山のクリンソウです。
今年は湿原でのクリンソウは数える程度にしか咲いていませんでしたが、
ちょっと離れたところに咲き、花は丁度見頃でした。
艶やかな花色なので遠くからも目につきます。

e0091347_13115818.jpg
e0091347_13125100.jpg
e0091347_13121568.jpg
e0091347_13122320.jpg
e0091347_13123580.jpg
e0091347_13124490.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2014-06-17 13:14 | 長野県
<< 信州の花旅 Ⅱ 入笠山から 天生湿原から Ⅲ >>