白馬尻から Ⅱ

ベニバナイチゴ (紅花苺)
亜高山~高山帯の林縁等に生えるバラ科の落葉低木です。
花は花径2cm程で、下向きに付きます。
キイチゴ属でこのような赤味がかった濃紫色は珍しいです。
花言葉は「誘惑」です。

バックは雪渓と川です。
かなりガスがかかっています。
e0091347_6153859.jpg
e0091347_6155415.jpg
e0091347_616271.jpg


オオバミゾホオズキ (大葉溝酸漿)
亜高山帯の水湿地や登山道脇で水の染み出しているようなところに生育するゴマノハグサ科の多年草です。
草丈は10~30㎝、花は筒型で長さ2.5~3㎝程です。
花後に、萼片が実をホオズキのように包むのでこの名がついています。
花言葉は「変わらぬ愛」です。

以前よりもかなり数が増え登山道のあちこちに見られます。

e0091347_6223960.jpg
e0091347_62311.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2014-07-17 06:26 | 長野県
<< 白馬尻から Ⅲ 白馬尻から Ⅰ >>