信州秋の花旅 Ⅲ (池の平湿原から)

去年、撮りたいと思っていた霧の中のマツムシソウの群生
どこに行けば撮れるかと思案していたのですが・・・
ここ池の平湿原ではマツムシソウの群生と言うよりも他の花も咲き、
お花畑と言った感じ、霧もかかりとてもいい雰囲気でした。

湿原ですので、ず~と木道が続き、花に近づく事が出来ないのが難点です。
木道から身を乗り出すようにして苦戦しながらの撮影です。

マツムシソウ   (松虫草)
日本特産の代表的な秋草で、各地の日当たりのよい山地や草原に群生しているマツムシソウ科の2年草です。
名前の由来には松虫の鳴くころに咲くのでという説と
マツムシソウの花の終わった頭花が巡礼の鳴らす松虫鉦の形に似ていることからという説とがあります。
花言葉は「結実」です。

e0091347_6532188.jpg

e0091347_6534192.jpg
e0091347_6535584.jpg
e0091347_6541035.jpg
e0091347_6542735.jpg
e0091347_655362.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2014-09-06 06:58 | 長野県
<< 信州秋の花旅 Ⅳ (池の平湿原から) 信州秋の花旅 Ⅱ (池の平湿原から) >>