信州秋の花旅 Ⅳ (池の平湿原から)

ハクサンフウロ(白山風露)
高山の湿った草地に生育する草丈30~80cmのフウロソウ科の多年草です。
花径は2cm程あり、同じ科のゲンノショウコよりかなり大きいです。
和名は石川県の白山にあったことからこの名がついたということです。
花言葉は「変わらぬ信頼・陽気」です。

自然な雰囲気の中で可憐に咲いている花です。
風になびきながら・・・
e0091347_653783.jpg
e0091347_6534688.jpg
e0091347_654514.jpg
e0091347_654343.jpg


コオニユリ  (小鬼百合)
日当たりの良い適湿の山地・草原ときには断崖にも自生していているユリ科の多年草です。
コオニユリとオニユリとの違いは、コオニユリの方が花はやや小型で葉も細く、
オニユリのように茎に暗紫色の点や葉腋の珠芽(むかご)ができないことです。
花言葉は「情熱」です。

e0091347_6582278.jpg
e0091347_65844100.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2014-09-07 07:00 | 長野県
<< 信州秋の花旅 Ⅴ (池の平湿原から) 信州秋の花旅 Ⅲ (池の平湿原から) >>