秋色の中に咲く花達

キッコウハグマ (亀甲白熊)
山地のやや乾いた日陰に生えるキク科の多年草です。
茎は高さ10~30cm程、花径は1cm弱、葉は茎の下部に集まってつきます。
葉の形が亀甲に似ていて、花の形がヤク(白熊)の毛に似ているためこの名が付いています。
花言葉は「素朴、清楚、女性らしさ」です。

こんなに花の咲いたキッコウハグマは初めてです。
なんとこの場所では何株かのキッコウハグマに出会いました。
多分、ダイモンジソウにとっては終盤でしたが、
それがかえって幸いしたのかキッコウハグマに出会えました。
e0091347_11105710.jpg
e0091347_11111764.jpg
e0091347_11113344.jpg


コウヤボウキ (高野箒)
明るい林縁、特にアカマツ林に生育するキク科の小低木です。
和名は和歌山県高野山のお寺で竹箒の代わりに本種の枝を束ねて使ったことからです。
花言葉は「清潔」です。

e0091347_11135480.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2014-10-18 11:15 | 長野県
<< イヌセンブリ 秋色の中のダイモンジソウ Ⅱ >>