ショウジョウバカマ 

ショウジョウバカマ (猩々袴)
山野の湿った斜面などに生えるユリ科の多年草です。
名前のショウジョウは「猩々」のことで、紅色の花を能楽で使う能装束の「猩々(しょうじょう)」、
赤い頭の毛と見立て、花の下の葉を袴と考えたものだと言われています。
花言葉は「飲みすぎに注意して」です。

コバルトブルーの川面をバックにショウジョウバカマを撮る事ができました。
今まで思うところには咲いてもらえなくて、やっと念願がかないました。

e0091347_17323457.jpg
e0091347_17324782.jpg
e0091347_1733177.jpg
e0091347_17331963.jpg
e0091347_17333678.jpg
e0091347_17335060.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2015-04-12 07:13 | 長野県
<< イワウチワ (岩団扇) 渓流沿いに咲くバイカオウレン >>