ギンバイソウ

ギンバイソウ (銀梅草)
渓谷林などの湿った林床に群生するユキノシタ科の多年草です。
草丈60cm程、葉は対生し、先端が2つに裂けて二又になり、縁に鋭い鋸歯があるのが特徴で、
花が咲いていなくても、わかりやすい植物です。
茎の先に球状をした淡紅色のつぼみのようなものをつけますが、これは花序を包んでいる「苞」で、葉の変形したものです。
この苞の中から梅の花に似た白色の両性花と、3枚の花弁のように見える「萼」を持った装飾花が現れます。
花言葉は純白の花にふさわしく「平和・愛のささやき」です。

この苞から両性花が現れるにには大変日にちがかかります。
10日程前に見て、そろそろ咲いていると思ったのですが、まだまだ・・・ご覧のような状態でした。

e0091347_18413235.jpg
e0091347_18414095.jpg
e0091347_1841491.jpg
e0091347_18415713.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2015-07-08 18:43 | 稲武
<< バイケイソウ  アクシバ  >>