湿原に咲く秋の野草 2

ヤナギラン (柳蘭)
高原の日当たりのいい草地に生えるのアカバナ科の多年草です。
ランという名がついていますが、アカバナ科の植物です。
花がラン(蘭)の花を思わせ、細長い葉がヤナギ(柳)に似ているところからヤナギランの名がついています。
花言葉は「二人三脚」です

バックに霧がたちこめいい雰囲気の場所です。
霧は常に動くのでこちらのいい場所にはなかなか動いてもらえず、瞬間をとらえるのに苦労します(笑)
e0091347_620930.jpg
e0091347_6203512.jpg
e0091347_6212649.jpg
e0091347_630558.jpg


タムラソウ (田村草)
低山の日当たりのいい草原に生えるキク科の多年草です。
花はアザミ(薊)によく似ていますが、茎や葉に刺がなく、まっすぐに立ち上がってアザミよりはやさしい感じの花をつけます。
「田村草」名前の由来は不明なのですが、玉のようなつぼみが沢山群がって咲くという意味の「玉群草」という説もあります。
花言葉は「あなただけ」です。

e0091347_6243193.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2015-09-05 06:31 | 長野県
<< 湿原に咲く秋の野草 3 湿原に咲く秋の野草 1 >>