木曽に咲く秋の野草

アキノキリンソウ(秋の麒麟草)
日当たりのよい山地によく見られるキク科の多年草です。
和名のアキノキリンソウは花の咲く頃は茎の下部の葉が枯れ落ちるので、その様をキリンの足に例えたようですが、
実際にはそれほど枯れてはいません。
花言葉は「幸せな人生、用心、予防」です。

渓谷で、コバルトブルーの川面をバックに撮る事ができました。
e0091347_1855971.jpg
e0091347_18551952.jpg
e0091347_18553313.jpg


アケボノソウ (曙草)
いつもこの場所にはダイモンジソウを撮りにくるのですが、
良く見るとアケボノソウが・・・予想外の花に出会えるのはいいですね。
e0091347_18582883.jpg


ノコンギク   野紺菊)
日当たりの良い山野に普通に見られるキク科の多年草です。
葉の広いもの狭いもの、舌状花の色の変化など、たくさんの変種があります。
ノコンギクは「野にある紺色のキク」の意味なのですが、花色は、かなり変化があって、紺色の濃いものから、
白色に近いものまであります。
名前はキクの仲間で紺色の花を咲かせるのでノコンギクと言われています。
花言葉は「忘れられない想い」です。

e0091347_1905770.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2015-10-13 06:51 | 長野県
<< 渓谷に咲くダイモンジソウ 木曽に咲くダイモンジソウ >>