冶部坂峠に咲く花

 ママコナ (飯子菜)
山地のやや乾いた林下に生える半寄生のゴマノハグサ科の一年草です。
名前の由来は花の内側に米粒のような隆起が二つあるので、又種子を米粒に見立てて飯子菜という説もあります。
花期は7月~9月、花言葉は「かいかぶり」です。
e0091347_7141756.jpg
e0091347_7144276.jpg


 クガイソウ (九階草 九蓋草)
日当たりのよい山地、草原、林縁に自生するゴマノハグサ科の多年草。
茎は分枝しないで、直立し1㍍ほどになり、4~6枚の輪生する葉が層をなして茎につくので、九階草と言うそうです。
ルリトラノオに似ていますが、開花はクガイソウの方が少し早く、又ルリトラノオの葉は2枚で対生するのでこの点で識別できます。 
花期は6月~8月、花言葉は「不品行、見掛け倒し」です。
e0091347_7185852.jpg


花言葉が「かいかぶり」に「みかけだおし」とは・・・
[PR]
by fairysilva2 | 2008-07-25 07:21 | 長野県
<< 冶部坂峠に咲く花 Ⅱ 身近な目立たない花 >>