よく似た野草 (オモダカとウリカワ)

 オモダカ (面高)
水田、湿地、沼の浅い場所に育つオモダカ科の多年草です。
花径は2.5~3cm、葉は鮮緑色で画像には写っていませんが、鏃のような形をしています。
名前は葉の形から人の顔面を連想したことによります。
クワイはオモダカの変種で球茎が食用になりますが、このオモダカの球茎は小さいので食用になりません。
花期は8月~10月、花言葉は「 高潔、信頼 」です。
e0091347_5572016.jpg
e0091347_5574391.jpg


 ウリカワ (瓜皮)
水田、湿地等によく見られるオモダカ科の多年草です。
長い匐枝をだし、その先端に球茎をつけて増えます。
花は↑のオモダカによく似ていますが、花径は1.5~2㎝程と小さく、葉の形が全く違います。
和名は葉の形がむいた瓜の皮に似ていることから、この名がついています。
花期は7~9月です。
e0091347_664038.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2008-09-10 08:09 | 東三河
<< よく似た野草 (タンキリマメと... 比丘尼に咲く花 >>