庭の野草?

 キバナオドリコソウ(黄花踊り子草)
山地の道端などで見られるシソ科のオドリコソウの近縁種です。
園芸種が逸脱して野草化しています。
普通のオドリコソウは花色が白または臼紅色なのにたいして、こちらは奇麗な黄色です。
葉は斑入りなのが特徴です。
花期は4~5月です。
e0091347_16272476.jpg
e0091347_16273847.jpg
e0091347_16275176.jpg

 ツルジュウニヒトエ ( 蔓十二単 )
シソ科の多年草で、通常ジュウニヒトエと呼ばれていますが正式にはツルジュウニヒトエと言います。
ジュウニヒトエの名前は花が幾重にも重なって咲く様子から平安時代の宮中の官女の衣装を連想して付けられています。
野生種のジュウニヒトエは花が淡紫色か白色をしていますが、こちらは紫色で、つるを出して繁殖します。
やはり園芸種が、逸出して半野生化しています。
花期は3~5月と早いです。
e0091347_16282023.jpg
e0091347_16283572.jpg
e0091347_16285514.jpg
e0091347_16291581.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2009-04-06 16:34 | 庭の花達
<< ネコノメソウ 松平郷に咲く野草 Ⅱ >>