2007年 06月 02日 ( 1 )

比丘尼城祉に咲く花

キガンピ (黄雁皮)
丘陵帯の日当たりのよい林地に生育するジンチョウゲ科の落葉低木。
樹高1~2m程で葉は単葉で対生、その年に伸びた枝の先に黄白色の花を10個程度つけます。
e0091347_859261.jpg


テリハノイバラ  (照葉野薔薇)
日当たりの良い山野,河原,海岸などに生えるバラ科の落葉低木です。
ノイバラ(野薔薇)に大変よく似ていますが,違いは名前のごとく葉に光沢があることです。
又、咲く時期はノイバラがすっかり咲き終わってから咲き始めますが、これは少し早いようです。
私の見たところではノイバラほど花付きは良くないようです。
花言葉は「素朴な可愛らしさ」
e0091347_922658.jpg
 

ツルアリドオシ (蔓蟻通)
やや湿り気のある木陰に生えるアカネ科のつる性植物です。
茎は地面をはって節から根を伸ばし、茎の先に花径7~8㎜の小さな2つの白い花をつけます。
花後の果実は熟すと赤色になります。
e0091347_96266.jpg
e0091347_961588.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2007-06-02 09:09 | 比丘尼