2007年 06月 18日 ( 1 )

作手村に咲く花

フタリシズカ (二人静)
山野の林下に生えるセンリョウ科の多年草です。
茎の先に数本の穂状花序を出し、小さな白い花をつけます。
花弁はなく、3 個の雄しべが丸く子房を取り巻いています。
名は静御前とその亡霊の舞姿にたとえたものといいますが、終わりかけなのでたった一人です。
花言葉は名のとおり「静御前の面影」です。
e0091347_18302581.jpg


ナルコユリ  (鳴子百合)
山地の林下に生えるユリ科の多年草です。
葉のわきから出る花柄は枝分れし、その先に緑白色の長さ 2 センチくらいの筒状の花を2~ 3個つけます。
この様を鳴子に見立てた名前です。
ホウチャクソウによく似ていますが、花の付き方が違います。
庭植えのものはよく見かけますが、野生のものは初めてです。
花言葉は「 懐かしい音」です。
e0091347_18342994.jpg
 
[PR]
by fairysilva2 | 2007-06-18 18:35 | 奥三河