カテゴリ:本宮山( 34 )

地元に咲く秋の野草達 3

エンシュウハグマ   (遠州白熊 )
山野の林内に生えるキク科の多年草です。
茎は大きくても20cmほどで、花色はうっすらとピンク色を帯びています。
エンシュウハグマは静岡県から愛知県にかけて見られる地域限定の野草で、名前はもちろんこの事に由来しています。
白熊はヤクの尾の毛のことで、この花の果実の冠毛をやくの毛に見立てたもののようです。

悲しい事に年々数が減ってきています。

e0091347_1419751.jpg
e0091347_14191936.jpg
e0091347_14192949.jpg
e0091347_1419419.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2015-10-06 14:20 | 本宮山

秋の野草 Ⅴ

エンシュウハグマ   (遠州白熊 )
山野の林内に生えるキク科の多年草です。
草丈10cmほどで、花色はうっすらとピンク色を帯びています。
エンシュウハグマは静岡県から愛知県にかけて見られる地域限定の野草で、名前はもちろんこの事に由来しています。
白熊はヤクの尾の毛のことで、この花の果実の冠毛をやくの毛に見立てたもののようです。

今年も咲いてきましたが、悲しい事に他の野草と同様例年数が減ってきています。

e0091347_9581857.jpg
e0091347_9582886.jpg
e0091347_9583961.jpg
e0091347_9584814.jpg
e0091347_9585763.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2014-10-07 10:00 | 本宮山

センブリ     

センブリ (千振)

山地の日当たりのよい草原に生えるリンドウ科の2年草です。
健胃薬として知られ、 草丈15~20cm、花径約15~20㎜程。
合弁花は通常は5深裂するが、4深裂も多く、 紫色の筋が入り、 花の中央に白い毛が生えています。
花名は千回振り出しても(煎じても)まだ苦いことによります。
花言葉は「義侠の愛」です。

e0091347_225205.jpg
e0091347_2252950.jpg
e0091347_2253847.jpg
e0091347_2255793.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2013-10-14 02:27 | 本宮山

エンシュウハグマ   Ⅱ

エンシュウハグマ   (遠州白熊 )

再びエンシュウハグマです。
もうほとんど終わりかと思って出かけたのですが、
花達は笑顔で迎えてくれました。

e0091347_19244236.jpg
e0091347_19245436.jpg
e0091347_1925311.jpg
e0091347_19251144.jpg
e0091347_19251842.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2013-10-12 19:26 | 本宮山

エンシュウハグマ  

エンシュウハグマ   (遠州白熊 )

山野の林内に生えるキク科の多年草です。
茎は大きくても30cmほどで、花色はうっすらとピンク色を帯びています。
エンシュウハグマは静岡県から愛知県にかけて見られる地域限定の野草で、
名前はもちろんこの事に由来しています。
白熊はヤクの尾の毛のことで、この花の果実の冠毛をやくの毛に見立てたものです。

e0091347_19545228.jpg
e0091347_1955149.jpg
e0091347_19551063.jpg
e0091347_19551931.jpg
e0091347_19552912.jpg
e0091347_19554621.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2013-10-09 19:58 | 本宮山

アケボノソウ

アケボノソウ (曙草)

山地の湿ったところに生育するリンドウ科の2年草です。
星の形をした花びらには緑紫色の小さい斑点と黄緑色のやや大きなまるい斑点の2種類があります。
この斑点を曙のの星に見たててアケボノソウと言います。
花言葉は「今日も元気で」です。

あまり元気ではないですね~
かつてはこの場所に上から見ると、一面雪が降ったのかと思わせるほど群生したのですが
今は小さな株がほんの数本、
電動草刈りが普及しすぎたために、小さな苗の時に全て刈ってしまうからです。
涙、涙、涙・・・・

e0091347_14444884.jpg
e0091347_14483613.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2013-10-08 14:36 | 本宮山

ホトトギス

ホトトギス  (杜鵑草)

半日陰の林の中などに生えているユリ科の多年草です。
鳥の名前を持つ花は他に、サギソウ(鷺草),キジムシロ(雉筵)などがありますが、全く同じというのは他にはないのでは・・・
花びらにある紫色の斑紋がホトトギス(小鳥)の胸の斑紋と似ていることから付けられたとされています。
花言葉は「夢より素敵な現実」です。

e0091347_8521399.jpg
e0091347_8522689.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2013-09-26 08:52 | 本宮山

エンシュウハグマ その2

     エンシュウハグマ   (遠州白熊 )
山野の林内に生えるキク科の多年草です。
茎は大きくても3㎜ほどで、花色はうっすらとピンク色を帯びています。
エンシュウハグマは静岡県から愛知県にかけて見られる地域限定の野草で、名前はもちろんこの事に由来しています。
白熊はヤクの尾の毛のことで、この花の果実の冠毛をやくの毛に見立てたもののようです。
花期は9~10月です。

咲いている場所により、結構個体差があります。
e0091347_11495368.jpg
e0091347_11514071.jpg
e0091347_1150382.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2012-10-01 11:52 | 本宮山

イボクサ

     イボクサ   (疣草)
田のあぜ、池や沼など湿地に生えるツユクサ科の1年草です。
草丈20~30cm 程で茎が横にはいながら枝分かれをして伸び、花は淡紅色の小さなものです。
咲いている時間が短く、午後にはしぼんでしまいます。
和名は茎や葉をちぎると出る液体を疣に塗ると疣がとれるとされたことによります。
花期は9~10月、花言葉は「生命力旺盛な」です。
e0091347_23463056.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2012-09-05 08:42 | 本宮山

コケオトギリ

     コケオトギリ  (苔弟切)
休耕田や湿地に生えるオトギリソウ科の多年草です。
花径5~8mmで5弁の黄色い花をつけ、葉は対生、広卵形で、基部はなかば茎を抱くように付いています。
小型のオトギリソウなのでコケとついています。
花期は7月~9月です。
e0091347_715391.jpg
e0091347_7154820.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2012-09-03 07:16 | 本宮山