カテゴリ:その他の場所に咲く野草( 109 )

渓谷近くに咲いていた野草達

ユキワリイチゲの撮影後、近場の渓谷に立ち寄ってみました。
タチツボスミレ (立坪菫)
e0091347_21452733.jpg
e0091347_21453367.jpg


トウゴクサバノオ (東国鯖の尾)
期待していなかったのですが、なんとか咲いていました。
何年振りの訪問でしょうか?
e0091347_21472411.jpg

e0091347_21574260.jpg


ヤマルリソウ (山瑠璃草)
この花を撮るのも久し振りです。
どうも近頃は背景を気にしているせいで、山とかバックに渓谷が入るようなところに出かける事が多くなってしまいました。
e0091347_21505852.jpg


ホトケノザ  (仏の座 )

e0091347_2152272.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2016-03-27 21:53 | その他の場所に咲く野草

ユキワリイチゲ

ユキワリイチゲ  (雪割一華)
林の縁などに生えるキンポウゲ科の多年草です。
根生葉はミツバの葉のようで、表面に白い斑紋があり、花径は3㎝程です。
今回花色を綺麗にするのに苦労しました。
同じ場所で撮っても横撮りと縦撮りでは光の入り方が違う為に色が全く違います。
仕方がなく、同じような色の出せたものだけをアップする事にしました。
花言葉は「幸せになる」です。

e0091347_15333318.jpg

e0091347_15335693.jpg

e0091347_15341478.jpg

e0091347_1535274.jpg

e0091347_1536307.jpg
e0091347_153647100.jpg
e0091347_15371397.jpg
e0091347_15372423.jpg
e0091347_15373614.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2016-03-18 13:07 | その他の場所に咲く野草

ベニバナヤマシャクヤク (紅花山芍薬)

ベニバナヤマシャクヤク (紅花山芍薬)
日本中に分布しているようなのですが、非常に限られた山地や森の中に咲くボタン科の多年草です。
ヤマシャクの花期は4~6月なのに対して、 ベニバナヤマシャクは、5~6月と遅いのが特徴です。

今年は気温が高く、例年に比べ一週間ぐらい開花が早かったようで、
訪問した時にはほとんどの花が終わり、綺麗に咲いているのはこれらの撮った花のみでした。
それでも撮れた事にほっとしています。有難う!

e0091347_1251345.jpg

e0091347_12514272.jpg
e0091347_12515082.jpg
e0091347_1252095.jpg
e0091347_12521069.jpg
e0091347_20145060.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2015-06-01 12:53 | その他の場所に咲く野草

2014年 野草散策から 26

天生湿原から
国道が通れるようになってすぐに出かけたのですが、それでもサンカヨウには少し遅かったようです。
残念ながらガラス細工のような花を撮る事はできませんでした。
かなり登ってなんとか撮れた花です。

サンカヨウ   (山荷葉)   6月3日撮影 
e0091347_16294639.jpg


入笠山から    6月15日撮影
クリンソウ (九輪草)
e0091347_16323614.jpg


ニホンスズラン (日本鈴蘭) 
e0091347_16345398.jpg


キバナアツモリソウ (黄花敦盛草)

e0091347_1637263.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2014-12-30 16:38 | その他の場所に咲く野草

2014年 野草散策から 15

北陸・花野山から 3
山一面カタクリの花が咲いていました。
しかも自然の雰囲気の中で、今までカタクリを山をバックにしながら
あるいは草原の中に自然に咲くカタクリを撮ってきましたが、
この場所は一味違います。

倒木の間から、岩や木の根の間からと自然の山の中に咲く様子はとても力強く、
あるいは優しく咲いていました。

e0091347_1851518.jpg

e0091347_18514636.jpg
e0091347_1852077.jpg
e0091347_18522960.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2014-12-18 18:53 | その他の場所に咲く野草

2014年 野草散策から 14

北陸・花の山から 2
花の山として知られていますが、流石と言った感じでいたるところに咲いていました。
撮影というよりも、散策を楽しんだという感じでしょうか。
憧れのカタクリとミスミソウのツーショットも撮る事ができました。

e0091347_10453665.jpg
e0091347_10455767.jpg
e0091347_10461293.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2014-12-14 20:40 | その他の場所に咲く野草

2014年 野草散策から 13

北陸・花の山から 1
本当に麓から頂上まで、登山道のいたるところに咲いていました。
あまりに多く、気持ちを集中できずに撮っていました。

e0091347_642533.jpg
e0091347_64486.jpg
e0091347_651462.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2014-12-13 22:59 | その他の場所に咲く野草

2014年 野草散策から 12

北陸・国上山に咲く、オオミスミソウ(雪割草)とキクザキイチゲです。
登山コースには途切れる事なくカタクリが咲き、随所にキクザキイチゲも
又頂上に近付くとあこがれのオオミスミソウにも出会えました。
撮影するにはいいところに咲いてはいなかったのですが、
花散策を堪能する事ができました。

e0091347_2220733.jpg
e0091347_22204491.jpg
e0091347_22205965.jpg
e0091347_22211893.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2014-12-11 22:23 | その他の場所に咲く野草

2014年 野草散策から 11

カタクリ (片栗)
4月早々、北陸のカタクリの咲く山々を訪ねてきました。
本当に山一面のカタクリ、まずは国上山のカタクリです。
咲き過ぎていて、どれを撮ったらいいか目移りしてしまいました。

e0091347_22354067.jpg
e0091347_22355922.jpg
e0091347_22361231.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2014-12-10 22:38 | その他の場所に咲く野草

都心での花散策

品川区の大きな区民公園です。
非常に広く、中にはテニスコート、水族館、バーベキューコーナー、池、小川等々いろんな施設があります。
年々綺麗に手入れされている為、野草を撮る私としては花数が減り、少々残念です。

ここでしか見かけた事のない花もあり出かけてきました。
海岸近くにしか咲かないというウシオハナツメクサ、咲いていました~~(^-^)

ウシオハナツメクサ  (潮花爪草)
ヨーロッパ原産の帰化植物で、河口や海岸の荒地などに生えるナデシコ科の一年草です。
花径4~5mmと大変小さく、まだ咲きかけたばかりで、株は大きいのですが開いた花は2~3輪程度でした。
e0091347_11143393.jpg


コメツブツメクサ  (米粒詰草)
荒れ地や路傍、芝生などに極普通に生育しているマメ科の一年草です。
茎はよく分枝し、草丈20~40cm、花径3~4㎜と小さく、あまり目立ちませんが、群生していると見事です。
和名はシロツメグサに花の付き方が似ていて、非常に小さいのを米粒にたとえています。
花言葉は「ごはんを食べましょう」です。

日向に咲きすぎているからか、少々元気がないような???
e0091347_11173173.jpg


ナガミヒナゲシ (長実雛芥子)
地中海沿岸から中欧原産のケシ科の帰化植物で、一年草です。
路傍などの荒地に生育すし、種が飛び散るので群生化もします。
果実は 無毛で細長いことからナガミヒナゲシと言います。
花言葉は「心の平静・慰め」です。

以前は都心でも散策をしていると、あちこちで元気なこの花をよく見かけたのですが、
今はか細い花ばかりです。
e0091347_11205856.jpg


ショッカッサイ (諸葛菜)
野原、空き地に生えるアブラナ科の2年草です。
諸葛菜は中国名で、別名ムラサキハナナといいます。
中国原産の帰化植物ですが、戦後になって野生化しました。
菜の花と同じアブラナ科で紫色の花が咲く事からムラサキハナナといいます。
花言葉は「優秀、競争」です。

2株程咲いていました。
ここで見かけるのは、始めてです。どこからか種が運ばれてきたのでしょう。
公園を整備している方が抜かずにおいていてくれたのは嬉しいですね。
e0091347_11262433.jpg

海岸に近い事もあり、ハマダイコンと思いアップしましたが、読者の方よりショカッサイではというご意見がありました。
早速、調べてみましたところ、葉がハマダイコンとは違っていました。
訂正させて頂きます。

ニホンタンポポ (日本蒲公英)
語源については、練習用の槍(タンポ槍)に綿毛が似ているので、タンポ穂がタンポポとなったとか、
花の形が鼓を連想するので、鼓をたたく音を表す幼児語タンタンポンがタンポポに変化したものとかいろいろ説があります。
花言葉は「教養」です。

この花は撮り方によるような、ちょっといたずら気分で撮ってみました。
隣に可愛いイヌノフグリも入れて。
e0091347_1129329.jpg


ホトケノザ (仏の座 )
ホトケノザとは仏様を安置している台座のことで、茎をとり巻く 2枚の葉のようすから台座を連想してつけられた名前です
春の七草のホトケノザは別の野草で、キク科のコオニタビラコのことです。

この花だけはどこに行っても出会えます。
こんな都心でもどこにでも咲いてもらえるので、ホッとします。

e0091347_11325494.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2014-04-20 11:35 | その他の場所に咲く野草