カテゴリ:身近な野草( 244 )

身近な野草達 その3

オドリコソウ (踊り子草)

高さ30~60センチで山野の藪などに生えるシソ科の多年草です。
白または淡紅紫色の花をつけます。
若い葉芽は山菜として食用になりす。
名前の由来は、花を横から見ると、着物姿で編み笠をかぶった踊り子の姿に見えるところから付けられ名です。
花期は4~6月、花言葉は「陽気な娘」です。
e0091347_3173349.jpg


ジロボウエンゴサク (次郎坊延胡索)

平地の草地などに生えるケシ科の多年草。
和名は伊勢でスミレを太郎坊、本種を次郎坊と呼び、花の距をひっかけて遊んだことによります。
エンゴサクという聞きなれない言葉は、この仲間の中国名です。
花期は4月~5月、花言葉は「私を思って、約束、幸運」です。
e0091347_3205581.jpg


シロバナタンポポ  (白花蒲公英)

日当たりのよい平地に生える白花のタンポポです。
タンポポはどれも薬用としての効能があります。
また、やわらかい葉や長い地下茎は食用にもなります。
花期は3月~5月、花言葉は「真心の愛」です。

e0091347_3233259.jpg
 
[PR]
by fairysilva2 | 2013-04-10 21:15 | 身近な野草

身近な野草達 その2

ミヤコグサ (都草)

日当たりのよい道端や草地などに生えるマメ科の多年草で、茎は地面を這って広がります。
葉のつけ根から伸びた葉柄の先に鮮やかな黄色の花が1~3個つきます。
京都に多かったのでこの名があります。また花の形が烏帽子似ているので烏帽子草とも言うそうです。
花期は4月~6月、花言葉は「復讐」です。

e0091347_11225964.jpg
e0091347_11231920.jpg


コケリンドウ   (苔竜胆 )

日当たりのよい草地に生育するリンドウ科の多年草。
草丈3~10㎝程m花径5~6㎜の小さなリンドウで地面にはりつくように淡青紫色の花を咲かせます
全体に小さい ことから名前に苔とついています。
花期は3月~5月、花言葉は「清らかな心を忘れずに」です。

人が踏みつけるからでしょうか、かつては土手一面に咲いていたのですが、激減しています。

e0091347_11275681.jpg
e0091347_1128016.jpg


ヘビイチゴ (蛇苺)

ヘビイチゴはヤブヘビイチゴとともにバラ科ヘビイチゴ属に属する植物です。
両種ともに赤い実をつけますが、実の表面につくこぶ状の突起の有無で区別できます。
他に葉や果実がヤブヘビイチゴに比べ小さく、光沢がありません。
葉も楕円の長さが短いです。
名前は人が食べられないので蛇が食べるという意味だそうですが、果実には毒はなく、中がスカスカでおいしくありません。。
花期は4~6月、花言葉は「小悪魔のような魅力」です。

名前からすると、逃げ出したくなりますが、綺麗に咲いている姿はとても可愛らしいです。
思わず、カメラを向けました。

e0091347_11332767.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2013-04-09 11:35 | 身近な野草

身近な野草達 そのⅠ

アケビ  (木通)

アケビ科の蔓性落葉低木。
花は春に咲き、雌雄同株ですが、雌雄異花で淡紫色をしています。
名前の由来は果実が熟すと割れて中の白い果肉が見えるようになります。その姿を「開け実」とよんでいたことからきます。
花期は3~4月、花言葉は「才能、唯一の恋」です。

e0091347_5245754.jpg

e0091347_18572094.jpg


マムシグサ   (蝮草)

山野のうす暗い林の中に見られるサトイモ科の多年草です。
花を包む苞は緑色から濃紫色まで変化に富んでいますが、いずれも白いすじがあります
茎のように見える部分に紫褐色のまだらもようがあるのでマムシを連想して名づけられました
花期は4~6月、花言葉は「壮大」です。

この場所を訪れたのは何年前でしょう。
近くまで来ても立ち寄る事がありませんでした。
今日は久しぶりにのんびり、穏やかな散策を楽しんで、懐かしい場所を訪れています。
まだ、私を待っていてくれるかのように、咲いていてくれました。

e0091347_19183899.jpg
e0091347_19185424.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2013-04-08 19:21 | 身近な野草

身近な野草達 Ⅴ

     キツリフネ  (黄釣船)
谷沿いなどの半日陰の湿った場所に生育するツリフネソウ科の一年草です。
ホウセンカと同じ仲間で、熟した果実にちょっと触れるだけで種を勢いよくはじきとばします。
名前は黄色いツリフネソウの意味で、ツリフネソウは花形が帆をかた船を釣り下げたように見える ところから付いた名前です。
花期は6月~9月、花言葉は「じれったい」です。
e0091347_027933.jpg
e0091347_0274117.jpg
e0091347_0281185.jpg


     ドクダミ (毒痛)
やや日陰の湿った場所を好むドクダミ科の多年草で、野山や空き地などいたる所で見ることができます。
4枚の花弁のように見えるのは本当の花弁ではなく、これは総苞片と呼ばれるもので、中心部の黄色ところが花の集合体です。
様々な薬効があり、民間薬として利用され、「十薬」とも呼ばれています。
名前は薬効に優れ、毒を嬌めるとの意味から付けられています。
花期は5月~7月、花言葉は「白い追憶」です。
e0091347_031473.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2012-07-10 09:23 | 身近な野草

渓流沿いに咲くサツキ

     サツキ(皐月)
関東以西に自生しているツツジ科の常緑の低木です。
日本固有の花木で、川岸の岩の上などに野生し、初夏の山野を美しく彩ります。
通称、イワツツジ、イワサツキともサツキツツジとも言われています。
花期は6~7月、花言葉は「協力を得られる」です。

去年の秋の台風の影響か、花が少なくちょっと淋しい感じでした。
e0091347_13591134.jpg
e0091347_13592220.jpg
e0091347_13593568.jpg
e0091347_13595137.jpg
e0091347_140273.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2012-07-05 09:37 | 身近な野草

セイヨウカラシナ

    セイヨウカラシナ (西洋芥子菜)
各地の荒れ地や河川敷などで群生しているアブラナ科の二年草です。
野菜として栽培をされているカラシナの野生型で、野菜のカラシナに比べるとやせて背が高くなっています。
花は十字花の仲間ですが、どちらかと言えばH字の形をしています
同じように野生化しているセイヨウアブラナがありますがこちらは葉の基部が茎を抱きますが、セイヨウカラシナは抱いていません。
花期は4月~5月です。
e0091347_8313461.jpg
e0091347_8314759.jpg
e0091347_831597.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2012-04-01 08:32 | 身近な野草

春の身近な野草

    アセビ (馬酔木)
山地の乾燥した土地に生えるツツジ科の常緑低木です。
馬が葉を食べると酔ったようになり、足が不自由になるため、アヒシビがアシビになり、さらにアシミ、アセビになったということです。
アカバナのアゼビもあります。
花期は3月~4月です。
e0091347_19295512.jpg


    シロバナタンポポ  (白花蒲公英)
日当たりのよい平地に生える白花のタンポポです。
タンポポはどれも薬用としての効能があります。
また、やわらかい葉や長い地下茎は食用にもなります。
花期は3月~5月、花言葉は「真心の愛」です。
e0091347_19344415.jpg
e0091347_19322694.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2012-03-28 08:27 | 身近な野草

咲き始めた身近な野草達

    クサノオウ  (瘡の王)
日当たりのよいところに見られるケシ科の1~2年草です。
葉茎を切ると黄色の乳液がでます。
和名の瘡(くさ)とは丹毒(たんどく)のことで、それを治す薬草であるということからこの名前が付いいます。
花期は5月~7月、花言葉は「私を見つけて」です。
e0091347_712758.jpg
e0091347_7121969.jpg


    キュウリグサ(胡瓜草)
道端、野原とどこにでも咲いているムラサキ科の2年草です。
草丈10~20cm、花径2mmという大変小さな花です。
葉や茎をもんで匂いをかぐと、野菜のキュウリの香りがするのでキュウリグサという名前になったという事ですが、やってみましたがあまり匂うようには思えませんでした。
ハナイバナによく似ていますが、りん片は黄色です、ハナイバナはブルーですのでその点で区別できます。
花期は3月~5月、花言葉は「愛しい人へ」です。
e0091347_7162188.jpg
e0091347_7163424.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2012-03-22 07:17 | 身近な野草

春のおとづれ

   ニホンタンポポ (日本蒲公英)
日当たりのよい道端、野原に生えるキク科の多年草です。
この花の名前知らない人はいないと言える程、良く知られた花ですね。
食用可能で、薬用効果もあります。
語源については、練習用の槍(タンポ槍)に綿毛が似ているので、タンポ穂がタンポポとなったとか、花の形が鼓を連想するので、鼓をたたく音を表す幼児語タンタンポンがタンポポに変化したものとかいろいろ説があります。
花期は3月~5月、花言葉は「教養」です。

野草とは出会いですね。
こんな風に撮れるとは思ってもいなかったです。
バックは川です。
e0091347_1724057.jpg

川の水面がタマボケとなっています。
e0091347_17134115.jpg

バックの赤いのは桃の花の蕾?と思われます。
e0091347_1725897.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2012-03-13 17:06 | 身近な野草

ヒメオドリコソウとモミジバヒメオドリコソウ

    ヒメオドリコソウ  (姫踊子草)
シソ科で、茎の節には唇形をした小さな赤紫色の花が輪生する一・ニ年草です。
名前の由来は同じシソ科で日本在来の「オドリコソウ」と花の付き方などがよく似ていて、小型であるというので、ヒメオドリコソウと呼ぶようになったそうです。 
オドリコソウはというと、花の姿形を笠をかぶった踊り子になぞらえて命名されたそうです。
花期は4月~5月、花言葉は「春の幸せ」です。
e0091347_17324335.jpg
e0091347_17325333.jpg
 

    モミジバヒメオドリコソウ(紅葉葉姫踊り子草)
道路や畑地などに見られるシソ科の越年草です。
草丈10~30cm、葉は対生、広卵形で縁は鋸歯が深く切れ込み、時に深裂状になるものまであり、葉面は葉脈が凹んでちりめん状になっています。
↑ヒメオドリコソウとホトケノザとの自然交配種と言う説とヒメオドリコソウの変異種とする説があります。
葉がモミジの葉を連想させることからこの名が付いているようですが、別名をキレハヒメオドリコソウとも言います。
花期は通常3~5月です。
e0091347_17282637.jpg
e0091347_17283440.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2012-02-18 17:35 | 身近な野草