カテゴリ:庭の花達( 135 )

忘れられたガーデン

ことしも咲いてもらえました。
窓辺に咲くナニワイバラです。
以前は100種程のバラが庭を埋め尽くしていたのですが、今は15種程、
手入れに手がかかるので、野草を撮り始めてからはほとんど忘れられた庭の花達です。
写真に撮るのも2年に一度ぐらい・・・自然に咲く花には勝てません。
以前は窓辺の上の方までつるが伸びていましたが、外壁の塗装の時に大胆に切り、下の方だけにしました。

ガーデンに咲く花は幸せな気持ちにさせてくれますが、野草は癒してもらえます。
NHKからも取材の申し込みがあったガーデンですが、人に見せるのが目的ではないので・・・
気の向いた時に手入れするのが私の楽しみです。
e0091347_8524772.jpg
e0091347_853761.jpg


こちらのカザグルマは野草と言えるのでは?
植えた覚えのないところから芽をだし、かなり蕾も持っています。
e0091347_855355.jpg


シロバナタツナミソウ  (白花立浪草)
こちらは植えましたが、種が飛ぶのでしょう、庭のあちこちから芽を出しています。

e0091347_858327.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2016-04-26 09:04 | 庭の花達

紫陽花

庭のアジサイの花が咲き始めました。
20種程の紫陽花が咲きますがヤマアジサイの方が早くから咲くようです。
今日はいつもとは違う雰囲気で撮ってみました。ちょっと遊んでみました(笑)

ヤマアジサイ「甘茶」の青花です。
e0091347_2117171.jpg
e0091347_21172860.jpg


「甘茶」の赤花です。
e0091347_21181411.jpg


ヤマアジサイ 「黒姫」

e0091347_21191565.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2015-05-27 06:11 | 庭の花達

マイガーデン

ナニワイバラ (難波薔薇)
中国原産で観賞用に栽培される常緑、薬用として入り、九州や四国で野生化しています。
良い香りがします。花の大きさは8cm位、茎はつる状。果実に刺が有ります。
和名は昔、大阪の植木屋さんから広まったことからだそうです

一日花ですが次から次に咲いてもらえるので一週間程楽しめます。
10年程前は100種類以上のバラが我が家にはあったのですが、
一本枯れ、2本枯れ、今では10本程度かも、野草を撮り始めてからというもの庭には手がまわらなくなり、
写真もほとんど撮らなくなってしまいました。
花がすねているのではないかと、久し振りに撮ってみました。

e0091347_7394885.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2015-04-30 07:41 | 庭の花達

ガーデンのクリスマスローズ達 Ⅰ

クリスマスローズ   
久し振りに庭に咲く花です。
今、我が家の庭には150株以上のクリスマスローズが咲き乱れています。
自然に咲く野草を撮り始めてから全く庭の手入れをしなくなってしまいました。
と言うか、出来なくなってしまったと言うのが本音です。
とても手のかかる庭だったのです。
そう言う事で今はあまり手のかからないクリスマスローズが殖えてしまいました。

クリスマスローズという名前は、本来、キンポウゲ科(Ranunculaceae)
ヘレボルス(属)(helleborus)の一種であるニゲル(英名:クリスマスローズ)のことを言います。
ニゲルは、ヘレボルスの中では早咲きで、英国ではクリスマスの時期に咲くことから、
クリスマスローズの名前がついたと言われています。
よって、正しくは学名の「ヘレボルス」を用いますが、日本では一般的にクリスマスローズと呼ばれています。
e0091347_1212776.jpg
e0091347_12121814.jpg
e0091347_12122916.jpg
e0091347_12123953.jpg


参考までに10年前のマイガーデンです。
このブログの右にもリンクしていますが、正直、お恥ずかしいですが今とは全く違います。

[PR]
by fairysilva2 | 2015-03-15 12:24 | 庭の花達

クリスマスローズ その2

      クリスマスローズ
咲き始めました。
冬の貴婦人とも言われているほど、品のある美しい花で大変人気があります。
花言葉は「追憶」「スキャンダル」「私を忘れないで」「慰め」といろいろです。

根や茎の部分に有毒な成分を含んでいるため、薬用としたり、悪魔払いの道具として使用されてもきたようです。
その為「私の不安をとりのぞいてください」という花言葉もあるそうです。
e0091347_1881762.jpg
e0091347_1882347.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2013-02-14 18:08 | 庭の花達

冬の貴婦人 Ⅳ

今年のクリスマスローズは艶やか、且つ賑やかです。
こぼれ種から育ったものが大きな株となり、花付きがよく、色も艶やかです。
冬のお庭がクリスマスローズが咲き始めたとともに春になったようです。
ほんの一部ですが・・・

e0091347_19223712.jpg
e0091347_19224510.jpg
e0091347_19225424.jpg
e0091347_1923251.jpg
e0091347_1923127.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2012-03-10 14:16 | 庭の花達

冬の貴婦人 Ⅲ

    クリスマスローズ
こぼれ種から今年初めて咲きました。
それにしてはいい色をして、美人さんです。
e0091347_16592654.jpg
e0091347_16593482.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2012-03-01 17:00 | 庭の花達

冬の貴婦人 Ⅱ

   クリスマスローズ Ⅱ
クリスマスローズという花は人が親子、兄弟、姉妹で良く似てはいても皆顔が違うように
種で育ったものは、顔つまり色や斑点の付き方が皆違います。
シングルからセミダブル(半八重)が咲く事さえあります。

毎年、こぼれ種から育ったものはどんな花が咲くのか楽しみです。
ただ種からですと咲くまでに3年はかかります。
それだけに、予想もしなかったような花が咲いた時の喜びは大きいです。

そんな花達です。
e0091347_2051793.jpg
e0091347_2052620.jpg
e0091347_2053566.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2012-02-26 17:50 | 庭の花達

冬の貴婦人

   クリスマスローズ Ⅰ
クリスマスローズという名前は、本来、キンポウゲ科(Ranunculaceae)
ヘレボルス(属)(helleborus)の一種であるニゲル(英名:クリスマスローズ)
のことを言います。
ニゲルは、ヘレボルスの中では早咲きで、英国ではクリスマスの時期に咲く
ことから、クリスマスローズの名前がついたと言われています。
よって、正しくは学名の「ヘレボルス」を用いますが、日本では一般的にクリ
スマスローズと呼ばれています。

あちらの株、こちらの株に蕾がたくさん付き始めました。
冬のさみしい庭が少しずつにぎやかになってきます。
e0091347_1653880.jpg
e0091347_16531646.jpg
e0091347_16532468.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2012-02-25 16:55 | 庭の花達

クリスマスローズ Ⅰ

クリスマスローズが咲き始めました。
我が家には100株以上ものクリスマスローズが地植えされています。
もしかして、野草をこれだけ撮っている私からはガーデニングは想像できない方もあるのでは?

春から秋までは野草を追い求めて、あちこちに出かけるもので
ガーデニングの方はほとんど手を付けれずにいます。
その内、庭の花にひがまれそうです・・・笑

e0091347_16501971.jpg
e0091347_16502749.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2012-02-09 16:51 | 庭の花達