カテゴリ:八方尾根( 9 )

八方尾根から 3

シモツケソウ (下野草)
日当たりのよい山地に見られるバラ科の多年草です。
シモツケに似ていますが、シモツケは木ですが、シモツケソウは草なので別名をクサシモツケ(草下野)といいます。
和名は「下野草」で「シモツケに似た草本」という意味で付けられた名前です。
花言葉は「おだやか、努力」です。
e0091347_22185974.jpg

晴れていたら、バックに白馬三山を見ることができるのですが、残念ながら今回は雲の中です。
e0091347_22191230.jpg


ハッポウタカネセンブリ (八方高嶺千振)
高山帯の蛇紋岩地に生えるリンドウ科の越年草です。
ハッポウと名が付くように八方尾根特産の花で、もちろん苦味健胃薬になるセンブリのなかまです。
草丈は10~20cm程、花径は5㎜と大変小さく、色は淡紫色で、濃紫色の斑点があり、なんとも魅惑的な花です。

大変小さく綺麗な花なのでいつもマクロレンズでアップで撮っていたのですが
今回は初めてバックを入れて撮ってみました。なんとか撮れるものですね。
e0091347_22231797.jpg


ハクサンチドリ (白山千鳥)
山地~高山帯の草地や湿地に生えるラン科の多年草です。
草丈は10~40cm程、茎頂の総状花序に、花径1.5cm程の紅紫色の花を多数つけます。
白山で発見され、花の形が千鳥の飛ぶ姿に似ていることからこの名があります。
花言葉は「間違い、誤解」です。
e0091347_22254694.jpg


ヨツバシオガマ (四葉塩竈)
画像があまり良くないのですが、下記の乗鞍の花と比べると大分色が薄いです。
比べて見るといいと思ってアップしました。

e0091347_22292739.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2015-08-14 22:31 | 八方尾根

八方尾根から 2

ミヤマダイモンジソウ (深山大文字草)
高山帯の岩場の湿ったところに生えるユキノシタ科の多年草です。
母品種のダイモンジソウより全体に小型で、草丈は5~20cm程、花径は1.5cm弱、葉は掌状に浅裂から中裂します。
花言葉は「不調和」です。

バックに白馬三山が見えるところに咲いているのですが、
お天気が悪くガスが濃くなったり、時たま晴れたりと・・・
八方はお天気がかわりやすく多少良かったのはこの撮影の時だけ、
お昼頃には雷雨警報で避難する事を余儀なくされました。
e0091347_622343.jpg
e0091347_623629.jpg


ミヤマホツツジ (深山穂躑躅)
亜高山帯や高山帯の草地や岩場に生えるツツジ科の落葉小低木です。
背丈30~80cm葉は倒卵形、花弁は三つに咲け長楕円形、くるんと反り返って可愛らしく、
又花柱も上に反り返り、象の鼻のようにも見え、ユーモラスな感じがします。

まだ咲き始めで、色が透き通るように綺麗でした。
e0091347_652239.jpg


ミヤマクワガタ (深山鍬形)
亜高山帯~高山帯の岩礫地に生えるゴマノハグサ科の多年草です。
茎は分枝せず直立し、葉は縁には不ぞろいの鋸歯があり、両面とも無毛に近いです。
他の種と比べると草丈もやや高く花色も濃いです。

e0091347_695725.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2015-08-12 06:13 | 八方尾根

八方尾根から 1

イブキボウフウ (伊吹防風)
山地から高山、海岸の礫地や乾いた草地に生育するセリ科の多年草です。
草丈は30~70㎝程です。
名は伊吹山にあったことにより、煎服すると風邪に効くので、風邪を防ぐ防風に由来しています。
e0091347_537633.jpg


カライトソウ ( 唐糸草)
亜高山帯~高山帯の砂礫地、岩場、草地などに生えるバラ科の多年草です。
草丈 30cm~1.0m程、4~10cmの花穂が垂れるように 咲きます。
花言葉は「深い思い」です。
e0091347_5394111.jpg


クガイソウ (九階草 九蓋草) 
日当たりのよい山地、草原、林縁に自生するゴマノハグサ科の多年草。
茎は分枝しないで、直立し1㍍ほどになり、4~6枚の輪生する葉が層をなして茎につくので、九階草と言うそうです。
ルリトラノオに似ていますが、開花はクガイソウの方が少し早く、
又ルリトラノオの葉は2枚で対生するのでこの点で識別できます。
花言葉は「不品行、見掛け倒し」です。

e0091347_5423224.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2015-08-11 05:43 | 八方尾根

高山に咲く花 ⅩⅠ

   ユキワリソウ (雪割草)
高山の日当りのよい湿った岩地に生えるサクラソウ科の多年草です。
葉は多数根生し、淡紅紫色の小花を多数かんざし状につけます。
雪解けとともに開花するので、この名があり、
キンポウゲ科の早春の植物であるスハマソウやミスミソウもユキワリソウとよぶことがあります。
花期は6~8月、花言葉は「信頼 内証 忍耐」です。
e0091347_22334589.jpg
e0091347_2234183.jpg
e0091347_22341635.jpg


   オニアザミ(鬼薊)
北陸から東北にかけての日本海側の山地の草原に見られるキク科の多年草です。
茎の高さは1m程であり、葉は深く裂け、縁にあるとげは鋭いです。
下向きに数個の花をつけ、花は筒状花のみで構成されています。
花期は6~9月です。
e0091347_22411925.jpg
e0091347_22413459.jpg


   キソチドリ (木曽千鳥)
亜高山帯の針葉樹林内に生育するラン科の多年草です。
茎は直立し、高さは15~30㎝、茎の先に淡黄緑色の花を10個前後総状につけます。
唇弁は長さ約1センチの線状披針形で、距は垂れ下がっています。
北方領土を含む 北海道から本州の中部地方にかけて分布しています。
花期は7~8月です。
e0091347_22472343.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2011-08-05 22:52 | 八方尾根

高山に咲く花 Ⅹ

    イブキジャコウソウ(伊吹麝香草)
日当りのよい山の岩場や草地に生えるシソ科の草状小低木です。
葉を一枚ちぎってみると、シソ科の香り、日本産のタイムといえます。
伊吹山に多く、全体によい香りがあることから名付けられています。
花期は6~8月、花言葉は「神聖 潔癖症」です。
e0091347_21275477.jpg


    クルマユリ (車百合)
深山の草原などに生えるユリ科の多年草です。
草丈は30 ~80cm程、花は橙黄色で、
平地に咲くコオニユリに比べると小さく、花径4~5cm程です。
葉が茎の中央部で10枚ほど輪生するのが特徴で、そこからクルマユリと名づけられています。
花期は7~8月、花言葉は「純潔 多才な人」です。
e0091347_21305866.jpg


    チングルマ (稚児車)
高山植物として一般的な植物で、バラ科の落葉小低木です。
マット状に群生し、茎の下部は分枝して地表をはい、上部は直立または斜め上に伸び、
高さ約10cm程になり、花茎の先に3cmほどの白い可愛らしい花を1つ咲かせます。
花期は6~8月、花言葉は見た雰囲気どおり「可憐」です。

八方尾根でのチングルマです。
ほとんどの花は終わっていて、掲載した花のみが咲いていました。
e0091347_21354413.jpg
e0091347_21355950.jpg

e0091347_2141223.jpg


   ムシトリスミレ (虫取菫)
高山帯の湿った礫地などに生えタヌキモ科の多年草です。
草丈は5~15cm 、北海道から希少種(R)として指定されています。
花冠の後ろに距がありスミレを彷彿させますが、虫取りの名のとおり食虫植物です。
花期は7~8月、 花言葉は「欺きの香り」です。
e0091347_21381759.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2011-08-04 06:25 | 八方尾根

高山に咲く花 Ⅸ

    キバナノカワラマツバ (黄花の河原松葉)
低山帯~高山帯 の日当たりのいい乾燥した草地に生えるアカネ科の多年草です。
円錐状の集散花序で、茎の上部で枝分かれして、
泡立つように多数の小さなヤエムグラ属特有の十字型の黄花を咲かせます。
松葉を思わせる葉がついているのでこの名がついています。
花期は6~9月です。
e0091347_7251472.jpg


    クモマミミナグサ (雲間耳菜草)
亜高山帯から高山にかけて草地や砂礫地に生える ナデシコ科の多年草です。
ミヤマミミナグサの変種です。
名の由来は、葉の形がネズミなどの動物の耳に似、
若い苗は食べられるので菜がついています。
花期は7~8月です。
e0091347_7275783.jpg
e0091347_728106.jpg


    ミヤマコゴメグサ (深山小米草)
亜高山帯~高山帯に分布し、乾燥した草地に生育するゴマノハグサ科の一年草です。
草丈10~15cm程、葉は対生、花径は1cm程、花弁は白色で淡紫色を帯びています。
花期は7~9月、花言葉は「献身」です。
e0091347_7315837.jpg


    シモツケソウ  (下野草)
日当たりのよい山地に見られるバラ科の多年草です。
シモツケに似ていますが、シモツケは木ですが、
シモツケソウは草なので別名をクサシモツケ(草下野)といいます。
和名は「下野草」で「シモツケに似た草本」という意味で付けられた名前です。
花期は6~8月、花言葉は「おだやか、努力」です。
e0091347_7345099.jpg
e0091347_735482.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2011-08-03 07:36 | 八方尾根

高山に咲く花 Ⅷ

    キンコウカ (金光花 )
亜高山から高山にかけての湿原、湿地などに自生するユリ科の多年草です。
草丈は20~40cm程、葉は根生し、形はアヤメのような剣状線形で、
花茎の上に花被片6枚の星型の黄色い花を総状につけ、下方から開花していきます。
黄色い花色を黄金の輝きに見立て、キンコウカ(金光花)と名づけられたとのことです。
花期は7~8月、花言葉は「威厳 」です。
e0091347_7474044.jpg
e0091347_7475171.jpg
e0091347_7475810.jpg


    ミヤマアズマギク  (深山東菊)
山地の岩場などで群れをなしているキク科の多年草です。
アズマギクの高山型の種です。
草丈は10~20 cm程度、淡紅紫色の花を茎頂に一つつけます。
花期は6~8月、花言葉は「感謝、誠実」です。
e0091347_7502620.jpg

e0091347_7512617.jpg


    ニッコウキスゲ (日光黄萓)
山地や亜高山、海岸の草地に群生するユリ科の多年草です。
日光黄菅は、栃木県日光の戦場ケ原に多く自生しているところからの命名です。
よく似た花に夕菅(ゆうすげ)がありますが、
夕菅はそれより低い山の草原で夕方から夜にかけて咲く花です。
花期は6月上旬から8月上旬、花言葉は「日々新たに、心安らぐ、物忘れ」です。
e0091347_7552319.jpg

霧の中のニッコウキスゲです、背景に雪渓が見えます。
e0091347_753461.jpg

白いのはワタスゲです。
e0091347_754564.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2011-08-02 07:57 | 八方尾根

高山に咲く花 Ⅶ

    ミヤマムラサキ (深山紫)
高山帯の砂礫地に生えるムラサキ科の多年草です。
花の色は淡青色.、花の形は星形で中心が黄色くふくらんでいます。
上高地に咲くエゾムラサキにも似ているのですが、葉がまるで違い、非常に毛深いので、遠目には白っぽく見えます。
花期は7~8月です。
e0091347_21502875.jpg
e0091347_21505824.jpg
e0091347_21511521.jpg
e0091347_21513463.jpg


    ウラジロヨウラク (裏白瓔珞)
山地に生えるツツジ科の落葉低木です。
葉は互生し倒卵形で、枝の先に下向きに淡紅色花を3~10個付けます。
花冠は筒状鐘形で長さ10~15㎜程です。
瓔珞〈ようらく〉とはインドの貴人や仏像の装身具のことで花の形を見立てたものです。
花期は 花期 5~7月です。
e0091347_21535337.jpg
e0091347_21541278.jpg


    チシマギキョウ (千島桔梗)
高山の岩の割れ目などに株を作って生育するキキョウ科の多年草です。
草丈は10cm程、葉は根生し、ヘラ形で光沢があり、縁ににぶい鋸葉があります。
イワギキョウに大変似ていますが、花弁に細かい毛が付いていることと、縦の筋がイワギキョウよりはっきり現れているなが特徴です。
花期は7~8月、花言葉は「静かなひと」です。
e0091347_21582339.jpg
e0091347_21591591.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2011-08-01 22:01 | 八方尾根

高山に咲く花 Ⅵ

    ハッポウタカネセンブリ  (八方高嶺千振)
高山帯の蛇紋岩地に生えるリンドウ科の1~越年草です。
ハッポウと名が付くように八方尾根特産の花で、
もちろん名前からも分かるように苦味健胃薬になるセンブリのなかまです。
草丈は10~20cm程、花径は5㎜と大変小さく、色は淡紫色で、
濃紫色の斑点があり、なんとも魅惑的な花です。
花期は7~8月です。

以前は私にとっては幻の花だったのですが、
今や毎年出会うようになったにもかかわらす、相変わらず思うようには撮れません。
e0091347_94843100.jpg
e0091347_9485063.jpg
e0091347_9485771.jpg
e0091347_949567.jpg


    ハクサンチドリ  (白山千鳥)
山地~高山帯の草地や湿地に生えるラン科の多年草です。
草丈は10~40cm程、茎頂の総状花序に、花径1.5cm程の紅紫色の花を多数つけます。
唇弁は3裂し、中央の裂片は長く伸び、鋭くとがっています。
葉は3~6個枚で、倒披針形~線形です。
白山で発見され、花の形が千鳥の飛ぶ姿に似ていることからこの名があります。
花期は6~8月、花言葉は「間違い、誤解」です。
e0091347_9545065.jpg


    エゾシオガマ  (蝦夷塩竈)
北海道および本州中部以北の寒帯域に生育するゴマノハグサ科の多年草です。
草丈は20~50 cm程、上から見ると巴型の花序で、
上部の葉腋に黄白色の花がねじれたように横向きに付きます。
花期は7~8月、花言葉は「幸せを招く花」です。
e0091347_9513729.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2011-07-31 09:59 | 八方尾根