カテゴリ:愛知県民の森( 61 )

再びササユリです。

ササユリ (笹百合)
楚々と咲いているササユリを見たくて、県民の森に出かけてきました。
正直、群生している花よりは風情があります。
そっと、花に話しかけたくなるような・・・

e0091347_16151123.jpg
e0091347_16152135.jpg
e0091347_16153058.jpg
e0091347_16153993.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2015-06-09 16:17 | 愛知県民の森

コセリバオウレン(小芹葉黄連)

残り物に福?
再びコセリバオウレン(小芹葉黄連)です。
皆さまが次々にブログにアップなさっていましたので、もう少し遅いかな?と思いつつ出かけてきました。
どうしてどうして花の数はかなりありました。
それだけでなく、いつもは咲いていないような場所にも咲き、花数が増えていました(^-^)
周囲が少しゴチャゴチャとしていたので被写体としていいかどうかは少し疑問ですが???
それでもいつもとは少し違うように撮れたかな~???

e0091347_1963354.jpg

e0091347_1964178.jpg
e0091347_1964978.jpg
e0091347_196588.jpg
e0091347_197566.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2015-02-19 19:09 | 愛知県民の森

のんびり花散策

チゴユリ   (稚児百合)
山地のやや明るい場所に生えるユリ科の多年草です。
草丈15~20cm、花径15mm程で、小さく、わずかに緑色をしためだたない花です。
地下茎を伸ばして広がるので群生していることが多いです。
可憐な小さな花を稚児にみたてて、この名があります。
花言葉はこの花にふさわしく「私のちいさな手をいつもにぎって」一度で覚えれそうな花言葉です。
e0091347_16493922.jpg
 
e0091347_16502338.jpg


ショッカッサイ (諸葛菜)
先日、私が花名を間違えてアップしてしまったショカッサイです。
こちらのはかなり色が濃いですね。
e0091347_16464645.jpg


ウマノアシガタ (馬の脚形)
草丈さ30-60cmのキンポウゲ科の多年草です。
この黄色い花弁が光を浴びてキラキラ光るのは、花弁の下のデンプンを含む細胞層が光を反射するためだそうです。
名前の由来は根生葉の形が、馬のひづめに似ているからです。
有毒で、誤食すると腹痛や下痢、嘔吐などの中毒症状を起こします。
花言葉は有毒だからでしょう「毒舌」です。

e0091347_16524882.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2014-04-26 16:54 | 愛知県民の森

フデリンドウ

フデリンドウ (筆竜胆)
日当たりのよい山地や野原に生えるリンドウ科の2年草です。
花はハルリンドウに色、形、大きさ等大変よく似ているのですが、葉の付き方が違います。
茎は直立し高さ5~10cm、葉は柄がなく対生し、先端のとがった広卵型で裏面は赤紫色で質はやや厚いくなっています。。
和名は、花の様子が筆の穂先に似ているところから来ているということです。
花言葉は「たくさんの思い出をありがとう」です。

以前、ここで撮った花が気に入ったのですが、今一失敗だったので、今回はリベンジのつもりで出かけたのですが・・・
リベンジどころか、大変なおみやげまでもらってしまいました。
いや~~な虫に顔を刺されてしまいました(苦笑)

e0091347_1026280.jpg
e0091347_10261186.jpg
e0091347_10261883.jpg
e0091347_10262857.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2014-04-25 10:28 | 愛知県民の森

早春の花

コセリバオウレン(小芹葉黄連)
山地の林下に見られるキンポウゲ科の多年草です。
太平洋側に分布するオウレンのうち、3回3出複葉という細かな切れこみのある葉を持つものは、
コセリバオウレンと呼ばれて区別されています。
1回3出複葉はキクバオウレン、2回3出複葉はセリバオウレンです。
他のオウレンに比べると、花や葉の大きさをはじめ、全体に小さいのも特徴です。

今年は咲くのが早かったのか?
写真展等やその他の事に追われて、気付くのが遅かったのか?
どこも満開状態でした。
花を撮っている時は気の休まる一時です(^-^)

e0091347_1251243.jpg
e0091347_1252386.jpg
e0091347_1253159.jpg
e0091347_1253969.jpg
e0091347_1254742.jpg
e0091347_1255591.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2014-02-07 12:08 | 愛知県民の森

シライトソウ

      シライトソウ (白糸草)
山地の林内や谷沿いに生える草丈15~40cm程のユリ科の多年草。
花茎の先に穂状に伸びた花序がつき、たくさんの白い花が下から上へと咲いていきます。
花名は伸びた花被片を白い糸に見立てたものです。
花言葉は「ゆっくりとした時間の流れ」   なるほどぴったりの雰囲気です。
花期は5~6月です。
e0091347_11275091.jpg
e0091347_1128195.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2012-05-30 15:25 | 愛知県民の森

シャガ & チゴユリ

    シャガ (射干、著莪)
アヤメ科の常緑のアヤメ科の多年草です。
アヤメ科の植物としては常緑はめずらしく、かなり暗い場所にもよく生育するそうです。
川沿いの崖等」に群生しています。
和名の「射干」は本当はヒオウギのことです。
花期は4月~5月、花言葉は「反抗、忍耐」です。
e0091347_1053718.jpg


    チゴユリ (稚児百合)
山地のやや明るい場所に生えるユリ科の多年草です。
草丈15~20cm、花径15mm程で、小さく、わずかに緑色をしためだたない花です。
地下茎を伸ばして広がるので群生していることが多いです。
可憐な小さな花を稚児にみたてて、この名があります。
花期は4月~5月、花言葉は「私のちいさな手をいつもにぎって」です。
e0091347_10555315.jpg
e0091347_1056562.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2012-04-30 08:00 | 愛知県民の森

フデリンドウ

    フデリンドウ (筆竜胆)
日当たりのよい山地や野原に生えるリンドウ科の2年草です。
花は↓のハルリンドウに色、形、大きさ等大変よく似ているのですが、葉の付き方が違います。
茎は直立し高さ5~10cm、葉は柄がなく対生し、先端のとがった広卵型で裏面は赤紫色で質はやや厚いくなっています。
和名は、花の様子が筆の穂先に似ているところから来ているということです。
花言葉は「たくさんの思い出をありがとう」、花期は4~5月です。
e0091347_104346100.jpg
e0091347_10452879.jpg
e0091347_1046358.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2012-04-29 08:00 | 愛知県民の森

ジロボウエンゴサク

    ジロボウエンゴサク (次郎坊延胡索)
平地の草地などに生えるケシ科の多年草です。
和名は伊勢でスミレを太郎坊、本種を次郎坊と呼び、花の距をひっかけて遊んだことによります。
エンゴサクという聞きなれない言葉は、この仲間の中国名です。
花期は4月~5月、花言葉は「私を思って、約束、幸運」です。
e0091347_903912.jpg
e0091347_904681.jpg
e0091347_905576.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2012-04-20 17:30 | 愛知県民の森

コセリバオウレン Ⅲ

再びコセリバオウレン(小芹葉黄連)です。
この時期は他の花が咲いてもらえないと、同じ花ばかりになってしまいます。
私はそれなりに撮る事を楽しんでいるのですが・・・

e0091347_14394143.jpg
e0091347_14395495.jpg
e0091347_1440356.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2012-02-29 14:40 | 愛知県民の森