カテゴリ:滋賀県( 23 )

ミヤマカタバミ

ミヤマカタバミ  (深山傍食)
ピンク色のミヤマカタバミに出会いたくて、久しぶりにこの場所にやってきました。
そう広くないところのわりに、花数は多く、普通なら喜ぶところなのですが
いざ、撮ろうとすると、思うような被写体を見つけられず、2輪3輪の小さな株になってしまうから不思議です。

e0091347_95486.jpg
e0091347_9544439.jpg
e0091347_9544872.jpg
e0091347_8362795.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2014-04-17 09:56 | 滋賀県

桜吹雪の中で

イチリンソウ  (一輪草)
落葉広葉樹林や山麓の土手などに生えるキンポウゲ科の多年草です。
花径4cm位の大型の花で大変美しいです。
和名は茎に一輪の花を咲かせることによります。
花言葉は「静かな人」です。

バックに桜を撮り込み、桜吹雪の舞う中での撮影です。
こんなこともあるのですね。

e0091347_13101750.jpg
e0091347_13102583.jpg
e0091347_1310358.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2014-04-16 13:11 | 滋賀県

渓谷に咲く野草達

キンキエンゴサク (近畿延胡索)
近畿地方から関東地方にかけて分布し、 山地の林下などに生えるケシ科の多年草です。
葉は2~3回3出複葉、小葉は丸っぽいと紹介するものが多いのですが、
葉の形は変異が大きいらしく、一定に定まっていないようです。
ヤマエンゴサクの変種で、下唇弁の切れ込みの中央部を良く見ると、小さく凸状になっているという事ですが、
分かりにくいです。
e0091347_23334315.jpg


トキワイカリソウ (常盤碇草)
本州の中部以西の温帯から暖帯にかけて生育するメギ科の常緑の多年草です。
葉は1本の柄が3本に分かれ、更にその先が3本にわかれ、小葉が付いています。
イカリソウは花の形が碇の 形に似ている事によります。
e0091347_2340371.jpg


ミヤマカタバミ  (深山傍食)
山林の木陰に生えるカタバミ科の多年草です。
草丈10~15cm程、葉は根生して長い葉柄があり、3枚の小葉からなっています。
花径は3~4cm程、白色~淡桃色で花弁は5枚で、うす紫色の筋が入っています。
陽が当たらないと花は開きません。花言葉は「喜び」です。

e0091347_23424422.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2014-04-15 23:44 | 滋賀県

サンインシロカネソウ

サンインシロカネソウ (山陰白金草)
本州福井県以西からの日本海側に分布するキンポウゲ科の多年草です。
山奥の水がしみ出したような谷間、温帯域の渓谷 などに生育し、草丈は8~15cm弱、花径1㎝弱の小さな小さな花です。
4月から6月にかけて花を咲かせ、特徴のある 果実を付けます。

今年も会いに出かけてきました。
渓流というのは大雨が降ると様子が変るので、去年とはまた違っていました。
長靴をはき、渓流をややさかのぼり、この場所での撮影は大変です(苦笑)

e0091347_8261430.jpg
e0091347_8262314.jpg
e0091347_8263147.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2014-04-14 08:27 | 滋賀県

ユキワリイチゲ

ユキワリイチゲ  (雪割一華)
林の縁などに生えるキンポウゲ科の多年草です。
花弁状の萼片は12枚~22枚有り、花は3cm程度の淡紫色です。
名前の由来は雪を割って咲くことからのようですが、雪のある時期には咲きません。
花期は2~4月、花言葉は「幸せになる」です。

ネット上に登場してきたので、今年も出かけてきました。
今年こそは、例年とは違った趣で撮ろうと意気込んででかけたのですが、
果たして???自分では今までとは違って撮れたつもりなのですが???
e0091347_1222382.jpg

e0091347_1223773.jpg
e0091347_12232041.jpg

e0091347_12234392.jpg
e0091347_12235838.jpg

ちょっとお遊びで撮った画像です。
e0091347_12242142.jpg

e0091347_12243389.jpg

花をタマボケの中にいれてみました。
e0091347_12244889.jpg

撮り方でこんなに色が変ってしまいました。

e0091347_1225988.jpg

e0091347_228610.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2014-03-20 12:26 | 滋賀県

雪の中のフクジュソウ

フクジュソウ  (福寿草)
春を告げる花の代表でもあるキンポウゲ科の多年草です。
山地、落葉樹林内等に生育し、別名をガンジツソウ(元日草)ともいいます。
花径は3~4cm程です。
旧暦の新春に開花することから、めでたい「福」と「寿」の字をあてています。
花期は2~4月、花言葉は「成就」です。

運がいいのか、悪いのか今年は出かけるのが早すぎたようで、
花の咲いているのが少なかったり、全く蕾だったり、
その代わり、雪の中に咲く花を見る事ができました。
やはり運がよかったのです(^-^)

e0091347_015146.jpg
e0091347_0151110.jpg
e0091347_0152047.jpg
e0091347_0152977.jpg
e0091347_0153825.jpg
e0091347_0154918.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2014-03-17 08:07 | 滋賀県

雪の中のバイカオウレン

バイカオウレン  (梅花黄蓮)
深山の渓谷沿いや針葉樹の下など比較的湿潤な場所に自生するキンポウゲ科の多年草です。
草丈5~15cm 、花径は12~18mm程で、白く花弁に見えるのはガクで花片は黄色の部分です。
花期1~4月 、花言葉は「情熱」です。

この花を求めて、滋賀県のとある場所に、時期としては少し早かったのですが
何と雪の中に咲くバイカオウレンに会えました。
蕾があちこちに白い点をバラまいたようにある中に、咲いているものがいくつかありました。
まだ、雪が溶けずに点在する中に・・・

その内、木漏れ日が入るようになり、陽に照らされた雪が光、レンズを通して見ると
雪がキラキラと光って・・・

e0091347_8313232.jpg
e0091347_8314359.jpg
e0091347_8315273.jpg

e0091347_8402553.jpg
e0091347_8322100.jpg
e0091347_8321356.jpg
e0091347_8322151.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2014-03-14 22:40 | 滋賀県

渓谷に咲くサンインシロカネソウ

サンインシロカネソウ(山陰白金草)

本州福井県以西からの日本海側に分布するキンポウゲ科の多年草です。
山奥の水がしみ出したような谷間、温帯域の渓谷 などに生育し、草丈は8~15cm弱、花径は1㎝弱です。
4月から6月にかけて花を咲かせ、特徴のある 果実を付けます。
萼片の暗紫色の紋が 基部に集まるのが特徴だそうです。

今年はこの花を撮るに現地で開花まで時間を待たなくてはいけないようで、
完全には開花してはくれませんでしたが、素晴らしい景観の中に咲くサンインシロカネソウでした。

e0091347_7524334.jpg
e0091347_753345.jpg
e0091347_7531746.jpg
e0091347_7533287.jpg
e0091347_754377.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2013-04-23 07:59 | 滋賀県

「この花は?」のその後

イチリンソウ  (一輪草)

落葉広葉樹林や山麓の土手などに生えるキンポウゲ科の多年草です。
根生葉は地下茎の先に付くが、花茎の基部には付きません。
花径4cm位の大型の花で大変美しいです。
和名は茎に一輪の花を咲かせることによります。
花期は4~5月、花言葉は「静かな人」です。

実はこの花は先日、私のブログで「この花は?」というタイトルでアップした花のその後です。
6日後に他の花を見に訪れた時に念のために見に行くと、なんとご覧のように咲いていました。
とても同じ花とは思えない程、見事に開花して、私を迎えてくれました。
大きさも考えられない程、大きく・・・咲いている様子から全く別種に思える事もあるようです。

e0091347_537364.jpg

e0091347_538986.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2013-04-22 05:40 | 滋賀県

この花は?

この花は?

滋賀県北部のお寺に咲いていたものです。
ヤブイチゲの一重咲きのものと思われるのですが、同定しかねています。
草丈は15㎝、花径は1㎝程、淡いクリーム色をしています。

どなたかご存知の方はお教え下さい。
e0091347_950417.jpg

e0091347_949552.jpg

[PR]
by fairysilva2 | 2013-04-15 09:51 | 滋賀県